Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

シルバーフェリーの宮古-室蘭航路が、早くもダイヤ改変でテコ入れ?

2018年10月04日 - Posted by reibo - Inside [Traffic] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
04 10月.

(*2018年10月18日:更新)

2018年6月22日から運航を開始したばかりのシルバーフェリー:宮古-室蘭航路が、早くもテコ入れに…? 10月6日からダイヤが改変され、南行便のみ八戸に寄港するとのこと。

一部の日本語を修正し、内容を要約すると、こんな感じ。

  • 6月22日に開設した宮古/室蘭航路につきまして、更なるサービス向上の為、南下便のみ八戸へ寄港させ、併せて運航ダイヤ改編を行うことと致しました。
  • ダイヤ改編の開始日 2018年10月6日(土)20:50室蘭発より
  • 日曜の室蘭発及び月曜日の八戸・宮古は毎週運休とする。
  • 現ダイヤ: 北行き/宮古08:00-18:00室蘭  南行き/室蘭20:00-06:00宮古
  • 新ダイヤ: 北行き/宮古09:25-19:25室蘭  南行き/室蘭20:50-03:30八戸04:00-07:55宮古

南行便は、苫小牧-八戸航路の夜行便を補完するカタチですね。その是非はともかく、宮古を基盤とした運航スタイルでは航路を維持できないと、運航会社自身が認めてしまったような…。
聞くところによると、狙いだったはずのトラック利用が伸び悩んでいるのだとか。ダイヤ改変と八戸への寄港で、需要が伸びるのでしょうか。
そもそも、新航路の開設からわずか3ヶ月強でダイヤ改変と寄港地の追加って、当初から構想を見誤っていた証なのでは?

北行の宮古発が1時間半ほど遅くなり、南行の宮古着が2時間近く遅くなったため、トラック以外の一般利用はしやすくなったといえそうです。
例えば北行の宮古発08:00は、宮古に宿泊しなければ利用が難しいダイヤでしたからね。盛岡からの都市間バス(岩手県北バス)第1便が宮古駅着08:00なので、今回のダイヤ改変で盛岡からも利用可能に。盛岡駅発が05:45と超早いなど、実際の利便性は別問題ですが。
逆に南行の宮古着も、現行ダイヤの早朝06:00着では、どこへも行けない、何もできないパターン。08:00着なら、観光ベースにも利用しやすいのでは?

ただ、盛岡への都市間バスに設定されていた、宮古港始発のフェリー連絡便(宮古駅経由・盛岡駅行/宮古港06:40-盛岡駅09:20)は廃止に。同便は10月7日から宮古駅始発に変更され、フェリーの新ダイヤに合わせた連絡便は設定なし。実は宮古駅と宮古港を結んでいたシャトルバスも、ダイヤ改変直前の10月4日時点ですら「バス会社と協議中です」。ダイヤ改変後も運行されるのかどうかは不明です。
宮古駅と宮古港を結ぶバスは、別ページに記載がありました。「新ダイヤに合わせて」などの記載は一切ないため、わかりにくい…。

  • 宮古駅08:15-08:25宮古港フェリータミナル
  • 宮古港フェリータミナル08:30-08:40宮古駅

ちなみに室蘭港側の新ダイヤ用・路線バスは、ダイヤ改正から2週間近く経過した10月18日になっても「バス会社と協議中です」。運行時間帯が旧ダイヤより1時間ほど遅くなり、他の一般利用が見込めないことも事態を難しくしているような。運行する道南バスも、路線バス事業は厳しいですからね。
宮古と室蘭のフェリー運行に対する温度差も、何となく感じられるような…。
また、シルバーフェリーが地元との協議ナシに、独断専行でダイヤを改変したのでは? 的な背景も見え隠れします。
せっかく新たな航路が開設され、三陸・宮古の復興にも一役買うのではと注目されていただけに、先行き不透明な印象を与えてしまったことは残念だとも。長距離フェリーに追い風が吹いていることは確かなので、その流れに、逆行するような形にならないことを願いたいですね。

*中・長距離フェリーに関する最新書籍(Amazon)

 にっぽん全国たのしい船旅2018-2019 (イカロス・ムック) 定期便でいく 豪華フェリー船旅ガイド 最新データ版 深夜航路: 午前0時からはじまる船旅

  Check  拍手する

ダイヤエース時刻表復刻版(昭和43年9月号・10月号)を購入

2018年9月28日 - Posted by reibo - Inside [Diary] Misc, [Traffic] Railway   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
28 9月.

「ヨン・サン・トオ」で知られる、昭和43年(1968年)10月の国鉄ダイヤ白紙改正。今年はちょうど50周年ということで、各社からそれ系の書籍などが出版されているようです。
改正前後の昭和43年9月号&10月号の時刻表をセットにした「ダイヤエース時刻表復刻版」も、そのひとつ。
ダイヤ改正を挟んだ9月号と10月号がセットなので、「この復刻版セットだけで、ダイヤの白紙改正ぶりを比較できますよ」と。上手い商売してくれますわ(苦笑)。4,310円(税込)と高価なので迷ったものの、3,000セット限定(一部書店を除き受注販売)のプレミア感にも勝てず、迷っただけでなく血迷ってポチッ(苦笑)。
今や、Amazonでは買えないことがステータスになりつつあるような…。なわけで本日、無事に受領しました。

 ダイヤエース時刻表

受注開始は8月初旬からだったようですが、迷っていた自分が申込んだのは9月中旬のこと。販売告知から1ヶ月以上が経過しても、申込みが3,000セットに達していないのか…と思ったものですが、既に発売となった現在でも、注文できるようです。うーん、未だに3,000セット売れてないのか…。版元としては、予想外?
国鉄時代は「国鉄監修」で公式扱いだったJTB時刻表に比べ、弘済出版社のダイヤエース時刻表はマイナーだったからでしょうか。判型がJTB時刻表より一回り小さく、デザインもJTB時刻表より野暮ったい。そのため、ちょっと安っぽいイメージもありましたからね。

ちなみに、ダイヤエース時刻表とは、現在の「JR時刻表」の前身です。
弘済出版社が現在の交通新聞社に変わり、ダイヤエース時刻表が「JR監修」のJR時刻表に生まれ変わったわけです。
「国鉄監修」だったJTB時刻表は、国鉄の分割民営化とともに、“公式”の冠を失いました。今やJR時刻表よりマイナーな立ち位置でしょうから、やはり「監修=公式」の意味は大きいですね。

 ダイヤエース時刻表 ダイヤエース時刻表
 【表4(裏表紙)まで、ちゃんと復刻。初代カローラは名車ですね。コカ・コーラの広告モデルは誰?】

 ダイヤエース時刻表 【時刻表2冊が収納できる化粧箱と、昭和43年10月1日・2日の交通新聞も付属】

時刻表の中身はいろいろと興味深いわけですが、こうなると、「ヨン・サン・トオ」こと昭和43年10月改正の解説本も欲しくなるわけです。
復刻版時刻表セットには、こんなチラシも内包されておりまして。評判も良さげなので、一緒に持っておいたほうがいいのかも…うーん。
てか、ダイヤエース時刻表復刻版の購入者向けに、セット割でもあればいいのに。旧態然とした出版界って、そーゆーことができない仕組みなんですよね。。。

 よん・さん・とおダイヤ改正の時代  【← 楽天ブックス】  よん・さん・とおダイヤ改正の時代 (トラベルムック)【← Amazon

  Check  拍手する

セイコーマートのキャンペーンに当選/最寄りのセイコマが閉店

2018年9月27日 - Posted by reibo - Inside [Diary] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 9月.

7月から8月にかけて実施された、セイコーマート(セコマ)のキャンペーン「セコマラリー2018夏 WチャンスTwitterキャンペーン」に当選。その賞品が届きました。
「セコマラリー」は、セイコーマートのレシート:5店舗or10店舗(関東の場合は3店舗or6店舗)分を集めて応募すると、セコマのオリジナルグッズがもらえるというキャンペーン。Wチャンスはそのハズレ賞的なもので、店舗前で撮影した写真や、約300円分の商品写真をTwitterに投稿すると、ギフト券5,000円分(10名)か1,000円分(50名)をプレゼント。そのWチャンスの、安いほう(50人)に当たったわけです。
まぁ、「ちょっと嬉しい」程度のものですが(苦笑)。
ホントに抽選して、当選者に賞品を送っているんだなぁ…。

 セコマラリー セコマラリー

ちょうど発送時期だった9月6日に平成30年北海道胆振東部地震が発生した関係で、予定より発送が数週間ほど遅れたようです。
こうした賞品の発送は通常業務が再開された証でしょうから、無事に届いて何よりでした。

で、そのセイコーマート(セコマ/個人的には「セイコマ」のほうがしっくりくる)は北海道のコンビニ・チェーンなわけですが、道外では関東の茨城県・埼玉県にも店舗展開しています。
ウチは東京都内なので、埼玉県にある最寄りの店舗まで、バイクで片道30~40分ほどかけて買い物に行っていました。お店の方も親切でした。
が、そのセイコーマート「やまだ」(入間郡三芳町)が、8月末日をもって閉店…。
聞くところによると、オーナーが北海道を旅行した際にセコマを好きになり、28年前に埼玉県内で2番目の店舗としてオープンされたとか。県内西部の他店舗が閉店した後は、長いこと「日本最西端のセイコーマート」でもありました。
これで、埼玉県内西部の店舗は壊滅。もっとも近い店舗でも、大宮・指扇方面(さいたま市)まで行かなければならないことに。バイクでも片道1時間は確実で、もはや「最寄り」とはいえない…。埼玉県のセイコーマートは茨城県に工場がある関係なのか、店舗が茨城寄りの県東部に集中しているんですよね。「集中」というほど多くはないかもですが…。
セコマ利用度が、一気に落ち込みそうです。もうポイントも貯まらないなぁ。。。

 セイコーマートやまだ
 【在りし日のセイコーマートやまだ店。北海道ツーリング前にポイントカードを作ったのも、このお店でした】

  Check  拍手する

WordPressにスマホ表示用プラグイン:WPtouchを導入

2018年9月12日 - Posted by reibo - Inside [Blog] Word Press   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
12 9月.

実はこのサイト、スマホでの表示に関しては放置状態でした。そのままでも、見ようと思えば見られたわけで。
そもそもBlog自体、ここ数年は放置プレイでしたからね…。
でも、さすがにそれはマズイだろうと、WordPressのスマホ表示用プラグイン:WPtouchを導入しました。スマホ対応としては定番すぎる方法ですが、面倒なのは嫌なので(苦笑)。
今さらスマホ用のCSSを「あーでもない、こーでもない」といじるぐらいなら、PCとスマホ両対応のテーマに変更しちゃったほうが楽ですし。とはいえ、新たなテーマを探して導入し、いろいろ設定していくのも面倒。じゃぁどうする? とりあえず、WPtouchでいっか。そんな葛藤を、約5分間ほどした結果です(苦笑)。

公式ページには「このプラグインはまだ日本語に対応していません」と記されていますが、実際には日本語に対応しています。
インストールすると左側のメニューに「WPtouch」項目ができるので、マウスカーソルを合わせて「設定」を選択。デフォルトで表示される「一般」項目をいちばん下までスクロールし、「言語」項目から「テーマ言語」で「日本語」を選択すればOK。
それでも一部項目は英語のままですが、おおむね日本語に変わるため、設定などで悩むことはないはず。

 wptouch wptouch

インストールしただけでも、スマホからのアクセスはスマホ対応表示に切り替わります。デザインが嫌な人はCSSをいじらなければなりませんが、なるほど定番プラグインだけあって、万人受けしそうな見栄え。特にこだわりがなければ、そのままでもいいんじゃないでしょか。
ただ、色の構成や、一度に表示される数などは変更したい人も多いはず。そうした設定変更は簡単です。
なお、ここからは2018年9月時点でリリースされている、WPtouch 4.3を基に解説していきます。WPtouchの使い方サイトは腐るほどありますが、大半は2014~2015年当時のVer.3に基づいた、古い情報ばかり。Ver.4からは一部の設定方法が異なるため、注意して下さい。自分も、最初は「んー??」となりましたから。

設定を変更する場合は、設定画面から「テーマのカスタマイズ」を選択します。

これらの設定はWordPress
外観 -> カスタマイズ 設定で処理されます。
カスタマイザに移動

このメッセージに従い、「カスタマイザに移動」をクリックすると、カスタマイズ画面が表示されます。

 wptouch wptouch

カスタマイズ画面で主に使うのは、「」と「Blog Featured Slider」項目でしょう。
Blog Featured Slider」では、スマホ表示した際のメニュー画面で、一度にいくつのコンテンツを表示するかが設定できます。デフォルト設定は「5」なので、ブログなら最新5日分が表示されるわけです。
この数値を変更したい場合は、「Max number of featured posts」と表示されたスライダーをマウスで動かします。変更後は、メニュー右上の「公開」をクリックすることで保存・反映されます。

 wptouch wptouch

もうひとつ設定を変えておきたいのが、カテゴリー。WordPress利用者の多くはカテゴリーを設定しているはずですが、デフォルト状態のWPtouchだと、メニュー画面でカテゴリーを表示してくれないのです。
スマホでもカテゴリーを利用したい場合は、WPtouchの設定ではなく、WordPressの設定を利用します。この概念はわかりにくいのですが、「WordPressで新たなメニュー構成を作り、それをWPtouchに反映させる」という考え方です。プラグインがWordPressと一体化しているからこそ可能な技ですが、使いやすくもあり、使いにくくもあるような…。

WordPressのダッシュボードから、左側のメニューで「外観」「メニュー」を選択。
ここで「新規メニュー」を作成します。メニュー名を決める必要があるので、わかりやすい「wptouch」などの名称にしておきます。

 wptouch wptouch

新規メニューを作成すると、設定画面が表示されます。

メニュー構造
左カラムからメニュー項目を追加してください。

というガイドに従い、左側のカラムから、まずは「固定ページ」を追加。特にこだわりがなければ、「すべて選択」した上で「メニューに追加」をクリックするのが簡単です。

次に、同じく左側のカラムからカテゴリーを追加します。デフォルトでは「よく使うもの」タブが選択されているため、スマホでも全てのカテゴリーを表示させたい場合は、「すべて表示」タブと「すべて選択」を選択し、「メニューに追加」。
これでカテゴリーも表示されるようになりますが、「メニュー構造」画面では、固定ページ一覧の下にカテゴリーがズラズラと表示されているはず。スマホで見ても、その通りに表示されてしまいます。
カテゴリーをブログ内メニューとして機能させるためには、カテゴリーをひとつずつ、親項目の下にドラッグ移動しなければなりません。
例えば「****」というカテゴリーを「Blog」項目の下に持っていけば、親項目「Blog」の階層構造に、子項目として「****」が置かれます。つまり、「****」がBlogの一カテゴリーとなるわけです。
目的の位置にドラッグするだけなので難しいことはありませんが、カテゴリーの数が多いと大変! けっこう手間がかかります。

 wptouch wptouch

設定が終わったら、いちばん下の「メニュー設定」で「WPtouch: Header Menu」を選択。これで、設定がWPtouchに反映されます。
最後に、「メニューを保存」をクリックすれば完了。スマホで見ても、カテゴリーを正しく利用できるはずです。

  Check  拍手する

「TOKYO2020 都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」でCRTモニターを無料処分

2018年9月02日 - Posted by reibo - Inside [PC] PC   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
02 9月.

以前にも触れた、物置に鎮座するCRTモニター。処分費用が5,000円もかかるのは嫌だからと放置していたわけですが、ようやく処分できることに。

*参照:故障したモニター(ディスプレイ)を処分 (2017.08.11)

利用したのは、2020年・東京オリンピックの関連事業「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」。
不要なPCなど小型家電や携帯電話をリサイクルし、オリンピックのメダルにしようという取り組みですね。事業主体の環境省からすれば、小型家電リサイクルを一気に推し進めたい意向なのでしょう。
だって、無料回収なんだもの。東京オリンピックの関連事業には不信感だらけですが、どうせ税金を投入しての無料化なら、利用しなきゃ損なわけで。

プロジェクトへの参加方法(=回収方法)はいくつかあるようですが、PC関連は実質、「宅配回収」一択ですね。
地元自治体がプロジェクトに参加していれば話は別ですが、リストを見ても参加自治体はごくわずか。各自治体からすれば、「面倒は御免だから勝手にやってくれ」状態なのでしょう(苦笑)。小型家電リサクル法&システムからして、利用者不在の考え方は似たようなものです。
で、以下のページを見ると、「パソコンを含む回収は無料です」と明記されています。

おぉ、そりゃいい。そう思われた方は多いはず。
でも、上記サイトを見ただけでは、回収方法の詳細がさっぱりわからない。
いかにもな「お役所仕事」のおかげで、TwitterなどSNSでも様々な憶測が広まり、情報の錯綜から何が何だかよくわからないことに。

ご自宅・職場等の指定場所から、希望日時(最短翌日・年中無休)に宅配業者が回収します。
送付伝票等の記入も不用です。
なお、パソコンを含む回収は無料です。
(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)

ご自宅・職場等の指定場所から、希望日時(最短翌日・年中無休)に宅配業者が回収します。
送付伝票等の記入も不用です。
なお、パソコンを含む回収は【無料】です。
(プロジェクト公式サイト)

説明は、これだけ。それでいきなり「お申込みフォーム」へリンクされても、フツーは躊躇しますよね?
詳細は、実際の回収を請け負う業者:リネットジャパンに問い合わせなければわかりません。
「お申込みフォーム」の左上には同社のロゴが表示され、クリックすれば公式サイトに飛べはします。でも、そんなのフツーは気づきません。「詳細はこちらで」といったリンクを貼るぐらいのことが、なぜできない? あまりに不親切というか、責任回避から意図的に詳細を伏せようとしているとしか思えない?
なわけで、回収方法の詳細を調べてみました。

  • 無料で回収できるのは1箱まで。(三辺合計140cm、重量20kg以内)
  • 2箱目からは、1箱につき1,500円が必要。
  • パソコンがない場合は有料。(モニターだけ、小型家電だけなど)
  • 「パソコン」とは、電源・マザーボード・CPUが筐体に装着されているもの。(HDDやメモリの有無は無関係)
  • モニター(ディスプレイ)は、CRTでもOK。(他の無料回収業者は、液晶のみ受付でCRTは不可)
  • 無料回収は9月30日まで。以降は有料。

驚かされたのは、最後の項目。さんざん「パソコンを含む回収は無料です」と謳っておきながら、無料=期間限定だとは! そんなことは、プロジェクト関連サイトのどこにも記載されていないわけで。
いっぽう、リネットジャパンのサイトには、「パソコン回収費用 9月30日まで無料キャンペーン中」と記載されているだけ。「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」の表記は、一切ナシ。でも、電話で確認したところ、この「無料キャンペーン」=「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」で間違いないそうな。
いやもう、何なの、それ…。胡散臭いなんてもんじゃないのですが…。

それでも、CRTモニター(ディスプレイ)を無料で回収してもらえるのは有り難い。
が、物置からモニターを外箱ごと持ち出し、サイズを測ってみたところ、3辺の合計は150cm超。そのままではサイズオーバーとなり、有料・無料に関わらず受付不可。
仕方なく、箱の四隅を切り欠きなどしながら、無理やり3辺合計140cmギリギリまで圧縮することに。モニターの脚部を取り外し(壊し)、発泡スチロールの緩衝材を細かく砕き、ともに箱の余白部に詰め込み…。もう汗だくの作業で一苦労。

そもそも、なんで3辺合計140cm縛りなんだ? 宅配便はフツー、3辺合計160cmまでOKでしょ。
リネットジャパンの問い合わせ電話に出た担当者は、「それ以上のサイズだと、回収を担当する佐川急便さんが受け付けてくれないので」と言っていたけれど…?
ちなみに後日、回収に来た佐川急便のお兄ちゃんとの会話。

私「サイズ制限の3辺合計140cmギリギリで」
佐川「(3辺合計で)160cmまでOKですよー」
私「重量も20kgギリギリかも。こんなデカイ箱じゃ重さを測れないんで」
佐川「重量なんていちいち測りませんよ。160cmまでの箱なら、たいてい20kgで収まるから大丈夫」

ふむ。謎だわ。

何はともあれ、物置の厄介者と化していたCRTモニター(ディスプレイ)が、こうして無事に運び出されました。
箱の隙間には、半壊状態でHDDレスなWindows98時代のノートPCも詰め込み、回収費用は無料に。(説明通りなら、無料なはず)
後から「こんなもん回収できない」とか「有料だから金を払え」など、文句が来ないことを願いましょ。

*追記

お送りいただいた品物は、リネットにてリサイクル処理を進めさせていただきます。
作業が進み次第、別途メールにてご案内いたします。

発送(回収引き取り)翌日に上記のメールが届いたので、無事に受け付けられたようです。
他の無料回収業者を利用する場合、こちらから荷物を一方的に送りつけるだけなので、こうした連絡はないんですよね。その意味では、きちんとした業者だといえるのかもしれません。
さらにその翌日(回収品が到着した翌日)には、次のようなメールも。

リネットをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
下記お申し込みの回収品が到着しましたのでご連絡いたします。
なお、お申し込み情報・回収後の状況につきましては「マイページ」にてご確認いただけます。
※処理完了まで約3~4週間程度がかかります。
 回収品の種類によって日数が異なる場合もございますのでご了承ください。

なかなかユーザーライクなシステムですが、「マイページ」自体はいたってシンプル。リサイクル状況が事細かに表示されるなんてことはなくて、受付日等や、作業完了を確認できる程度なようです。それでも、怪しげな業者が多いリサイクル業界では珍しいかと。国が絡んだ事業モデルなだけのことはありますね。

*さらに追記

処理完了の連絡が来ました。
回収申込みが9月1日、回収日が9月2日、処理完了日が9月21日。これで無事終了です。
「あなたの回収物から、めでたく東京オリンピック2020のメダルが作られますよ~」…なんてことは、どこにも書かれていないわけで(苦笑)。

リネットをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

下記お申し込みにて回収させていただきました品物のリサイクル処理が
完了いたしましたので、お知らせいたします。

お預かりした回収品は、環境省・経済産業省の認定工場で、適正に処理が
完了しました。今後、それぞれの資源毎に金属精錬事業者等により、
再生利用されます。

小型家電リサイクル法に基づく回収ルートへの排出に、ご協力いただきまして
誠にありがとうございました。

今後とも、不用なパソコン・小型家電等の処分に「リネット」のご利用を、
よろしくお願いします。

  Check  拍手する