Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

故障したモニター(ディスプレイ)を処分

2017年8月11日 - Posted by reibo - Inside [PC] PC   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
11 8月.

故障したモニター(ディスプレイ)を処分しようと、いろいろ調べてみたところ…。

*関連記事:PC用ディスプレイを新調

まず、地元自治体の粗大ごみでは、PC本体や関連製品を一切受け付けていないらしい。リサイクル法をタテに、メーカーやPC3R(パソコン3R推進協会)に丸投げということですかね。。
普段から何かとお役所体質で、やる気を感じられない自治体なので致し方なし?
国内のPCリサイクルを一手に担うPC3R(パソコン3R推進協会)サイトを見ると、製品に「PCリサイクルマーク」があれば、メーカーが無償回収する仕組みとのこと。「PCリサイクルマーク」は「平成15年(2003年)10月以降に販売された家庭向けパソコンに貼付」と書かれているけれど、ウチの富士通サーバー機には、そんなもの付いてないぞ…。法人向け販売ルートの製品だから?
また、モニター単体商品にも付いていないと思われ(今回購入したLGのモニターにも、そんなマークはない)。2003年以前の製品なので、そもそも無関係なのですが。
マークのない製品はメーカー回収が原則らしい。LGのサイトを見ると、なるほど、リサイクル対応のページがありました。回収は有料で、ディスプレイは一律3,000円!(えー、高いよ)
PC3R(パソコン3R推進協会)でも受け付けていますが、こちらは回収費用がさらに高く、ディスプレイは一律4,000円!!(なんですかそれは)
メーカーや協会へ発送する送料込みらしいので、1,000円ぐらいは送料分でしょうが…。

物置の奥にはさらに古いCRTディスプレイもあるので、ついでに処分しようかと思っていたのですが、こちらはPC3R(パソコン3R推進協会)扱いで5,000円!!! メーカーは既にディスプレイ事業から撤退しているHYUNDAIなので、メーカー回収は不可能。(ちなみにLGのメーカー回収だと4,000円らしい)
両方合わせたら、新しいモニターの購入金額より高いじゃないか。そんなの無理。
というか、モニターは“あちらの国”の製品ばかり使ってきたのか…。

さらに調べると、無料回収してくれる業者がいくつかあるらしい。

なんだかセンスのないネーミングが多いなぁ(苦笑)。
いずれもリサイクル~中古販売がメインらしいけれど、売れない製品は解体処分するんでしょうね。レアメタル等のことを考えれば、PC本体や関連機器は「お金を出して買いたい」ぐらいのモノなのかも。
ただし、ディスプレイで扱えるのは液晶のみ。CRTは、どこも不可。割に合わないんでしょう。
仕方なくCRTモニターの処分は諦め(物置で放置)、液晶モニターだけパソコン処分.COMで処分することに。連絡や申込みは不要、着払い宅急便で送りつければいいらしいので、勝手に送りました(苦笑)。物置にあった巨大な外箱(昔の箱は何かと大きかった)も処分でき、ちょうどいいかと。1週間経っても連絡はないので、無事に受け付けられたと思われ。

まぁでも、いろいろ面倒な世の中ですねぇ。これじゃ不法投棄が後を絶たないわけだ…。

  Check  拍手する

佐川急便がダメな件

2017年7月20日 - Posted by reibo - Inside [Misc] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
20 7月.

PC用モニターをNTT-X Storeで注文したところ、祝日にもかかわらず当日発送され、喜んだのも束の間。
(「土曜休日は発送不可」と記されていたもので)
倉庫があると思われる千葉県からの発送なので、東京都内へは翌日に届くはず。配送会社が佐川急便なのは若干不安だったものの、届くのを待っていたわけです。モニターが届かないとPCが使えないため、少しでも早く欲しい。到着予定日の昼頃、わざわざ佐川急便の担当営業所に確認したのもそのためです。
「本日の午後便なので、夕方以降の配達になります」
この時点で、同社サイトの荷物追跡では「担当営業所へ輸送中」(その日の朝7時過ぎ)。
が、来ません。日が暮れて暗くなっても、来ない。
夜7時半頃、再び営業所へ問い合わせ。「担当ドライバーに確認して、折り返し連絡させます」。
が、ナシのつぶて。荷物も来ない。営業所は夜8時を過ぎると電話に出なくなるため、再確認もできず。夜10時頃まで待ったものの、音沙汰なし。
翌日の昼頃、再び営業所に連絡。(荷物追跡のステータスは、前日朝の「輸送中」のまま)
「どうなってんの?」
「調べてご連絡します」
連絡は…来ません。
しびれを切らして、購入先(発送元)のNTT-X Storeにも連絡。「佐川じゃなくてヤマトも使えるようにしてくれ。送料無料じゃなくてもいいから」と言いたかっただけなのですが、こちらのサポートセンターは神対応。佐川急便の担当営業所に連絡してくれました。というか、発送元の営業所を通して、「大切なお客様を困らせるな。いい加減にしろ」的なクレームをつけたと思われ。
しばらくしてNTT-X Storeから連絡があり、どうやら荷物が行方不明で探しているらしいとのこと。おいおい、勘弁してくれよー。
その後、ようやく担当営業所から連絡が。前後して、連絡を受けたらしいNTT-X Storeからも電話が来ました。
「昨日分の荷物を配達しきれず、まだ営業所にあります」
なんだよ、そーゆーオチかよ。営業所までは、予定通り輸送されていたわけね。
でも、前日分が配達しきれず山積み状態ということは、当日分は? さらに翌日に回すの? それじゃ遅配とクレームの嵐でしょ(って、実際そうらしい)。

もう信用できないので(早く受け取りたいし)、営業所へ取りに行くことに。
佐川の管轄営業所へ行くのは初めて。だって遠いんだもの。管轄が東京都内なのに、なんで埼玉県にあるんだよ。
東京都と埼玉県の境界付近って、まともな道がほとんどないんですよね。東京都側の都道と埼玉県側の県道が繋がっていないため、迂回迂回でやたら時間がかかる。しかも、数少ないまともな道は渋滞しまくり。行くだけでいい加減、疲れました。バイクでも30分かかったから、車なら1時間は確実。
「うーん、こんなルートを日に何往復もするなら、配りきれないのもわからんではないなぁ」
などと思いながら営業所に着き、荷物を受領。ちょっと聞いてみると、遅配しまくりの要因が見えてきました。

  • この営業所は東京23区から都下多摩地区、さらには埼玉県の市部複数と、広大なエリアを管轄している。
  • これほど配達エリアが広い営業所は、首都圏でも数えるほど。故に、荷物が多すぎて常時パンク状態に。
  • ただでさえ人員不足が深刻なのに、ウチのエリアの担当者が辞めてしまい、補充もできていない。他エリアの担当者が掛け持ちしているため、さらにパンク状態がひどくなっている。

とまぁ、こんな具合。案の定、現場は疲弊しまくっているような。
つまりこれ、営業所や配達ドライバーの責任じゃなく、合理化で営業所を集約しすぎた弊害ですね。佐川急便のシステム自体に問題があり、ちょっとやそっとじゃ解決できない。根深い。
ヤマトの場合、少数の大規模営業所で広大なエリアを担う方式ではなく、小規模な営業所を数多く設置しています。ひとつの営業所が担当するエリアも狭いため、パンク状態になりにくいんですね(なので遅配も発生しない)。
なるほどなぁ。だから佐川はダメなんだ。
それがわかったからといって、どうにもならないですけれどね。
願わくば、通販サイトは配送業者を選べるようにして欲しいと。Amazonのように「どこの業者が配達するのか、さっぱりわからない」なんてシステムは、以ての外。そんな常識が通用する世の中に、早くなって欲しいものです。

  Check  拍手する

PC用ディスプレイを新調

2017年7月19日 - Posted by reibo - Inside [PC] PC   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
19 7月.

長年使ってきた液晶モニター(LG:FLATRON 575MS)が、真っ白な画面に…。電源オンオフを繰り返すと復活したりはするものの、しばらくするとまた真っ白に…。
WindowsXP時代から使い続けてきただけに、寿命でしょうね。ここ数年は「これだけ故障もせずに長持ちするなんて、異常だ」と思っていたりも(苦笑)。
購入当時は、まだモニターといえばブラウン管が主流で、液晶モニターなど珍しかった頃。正確な年月日は覚えていませんが、間違いなく10年以上前! や、モニターの寿命って、フツーどれぐらいなの? それ以前に使っていたブラウン管モニターは、どれもそこまで長持ちしなかったですって。

*追記
本体裏を見ると2000年製。物置から外箱を探し出すと伝票が貼られていて、購入は2001年3月。16年も前だったのか…。かなり酷使したはずなのに、16年も壊れなかったのか…(驚
購入店は大阪のラディカルベース。(自分用の備忘録)

何の変哲もない15インチの4:3モニターでしたが、特に不満もなく。なので、「今どき4:3のモニター!?」といわれるような今の今まで、使い続けてきたわけで。
とはいえ、映らないものは仕方がない。遂に買い替えなければ。
慌てて通販サイトを見回し、とりあえず安くて、そこそこ使えそうなモノを探しました。超久々に見るモニター市場は、IPS液晶モデルの価格崩壊に驚かされて。
でも、やっぱり安いほうがいいので、ごくごくフツーの21.5インチ、LGの22M47VQ-Pを選択。

*簡単なスペック&特徴(公式サイトより引用)
画面サイズ/21.5インチ
アスペクト比/16:9
パネル・タイプ/TN
表面処理/ノングレア
有効表示領域(幅×高さ)/476×268 (mm)
解像度/1920×1080
画素ピッチ/0.248×0.248 (mm)
表示色/約1,677万色
視野角(水平/垂直)/170°/160°(CR≧10)
輝度/250cd/㎡
コントラスト比/最大5,000,000:1(通常1,000:1)
応答速度/2ms(GTG High)
フリッカーセーフ
ブルーライト低減モード
入力/D-SUB・DVI・HDMI(切替可)
メーカー保証/3年間

LG モニター ディスプレイ 22M47VQ-P 21.5インチ/フルHD/2ms/TN 非光沢/HDMI端子付/ブルーライト低減機能LG モニター ディスプレイ 22M47VQ-P   楽天市場でLG:22M47VQ-Pを探す

購入店:NTT-X Store
購入金額:8,980円(税込/送料無料/クーポン割引:3,202円)

ちょうどNTT-X Storeがセール期間中で、通常よりもお安く買えました(^^;;
本音を言えば「どうせ買い換えるならWUXGA(1920*1200)がいい」のですが、値段が跳ね上がるので…。大人しく1920*1080で妥協しました。
LGにしたのは価格の安さと、前のモニターもLGだったから。驚くほどタフな耐久性(超絶ハイコストパーフォーマンスともいう)を目の当たりにしたため、今回も長持ちしてくれればいいなと。まぁ、昨今の情勢では、あちらの国の製品に何かと思うところもありますが…。(だから安い=安くしないと売れないのでしょう)

使用感は、予想通りフツー。いたってフツー。4:3から16:9に変わって不慣れな面もあるため、まともに評価できないとも。。。
贅沢を言えばキリがないので、画質に不満はないということで。デジタル(DVI)接続なら。
これまでのモニターはアナログRGB(D-SUB)接続のみだったので、初めてのDVI接続! 時代錯誤も甚だしいわけですが、なるほどスッキリ画面で見やすい(当社比)。が、オンボードVGAがアナログRGB(D-SUB)にしか対応していないサーバー機は、当然アナログ接続に。
(このモニターはDVI、HDMI、D-SUBの各入力対応で、計3台のモニターを繋いで切り替えられます)
で、このアナログ接続した画面の汚いこと…。文字も滲んで、長時間の使用には耐えられない。。。まぁ、サーバー機なので「見えればいい」んですけれどね。
なわけで、「いちおうアナログ接続も可能なデジタル専用モニター」的な性格かと。安価な製品ですし、コストダウンのしわ寄せがアナログ回路に集約されている? そもそもオンボードVGA(ATI ES1000)がロクなもんじゃないので、そのアラが前の古いモニターではわからなかったというだけかもしれません。

ちなみに、サーバー機の解像度がどうあがいても1280*1024にしか設定できず、四苦八苦したのは秘密です。ドライバを入れ替えるなどいろいろ試した挙句、オンボードVGAが4:3解像度にしか対応していないことに気づくというオチで。
一昔前の業務用サーバー機なので、当然といえば当然なのですが。

*追記
アナログ接続orデジタル接続やオンボードVGAは画面の滲みと無関係で、解像度が1920*1080(推奨)か1152*648以外だと汚い画面になってしまう現象でした。
Windows側の設定をいろいろいじっても解消されず、どうやら「液晶ディスプレイとは、そーゆーもの」(推奨解像度以外では画面がボヤけるもの)らしいですね。今までは古い液晶モニターの推奨解像度1024*768しか使っていなかったため、気づかなかっただけなのか。。。
どうしてもイヤなら、サーバー機にもVGAカードを載せればいいのだけれど…。気が向いたら、ハードオフのジャンク箱でも漁ってみよう。

画質の設定項目が豊富で、豊富すぎて、とても複雑で、いやもう訳わからんなのはご愛嬌。オリジナルの調整機能が複数あり、こちらをオンにするとあちらが調整不能(自動調整のみ)になり…。落ち着いた画質にするまでの調整には、かなり時間がかかりました。
もう一度ゼロからやれと言われても、たぶん無理。
紙の取扱説明書はペラ紙1枚で、書かれているのは接続と足の付け方のみ。細かいことは付属のCD-ROMを見ろと(裸のディスクが1枚だけポンと入っていて、驚いた)。今どきの製品は、多かれ少なかれこんなもんですかね。

  Check  拍手する

BS-TBSでの「温泉へ行こう」(第1シリーズ)再放送

2017年6月30日 - Posted by reibo - Inside [Diary] Misc, [Misc] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
30 6月.

(自分用の備忘録)

BS-TBSで「温泉へ行こう」第1シリーズを再放送中。数年前にHDDトラブルでドラマやアニメの一部を消失した際、「温泉へ行こう」第1シリーズも大半を失ったもので、改めて録画していました。
BS-TBSでの再放送は、おそらく2012年以来。それ以前にも数回は再放送されていたと思いますが、今回はその2012年再放送版でした。
オリジナルと違うのは、第62~65話(最終回)。内容をカットした上にオープニングテーマの挿入部分まで変更し、4話分の物語を3話分の尺に再編集。オープニング部が丸ごとカットされている回もあれば、次回へ続くパートをオリジナルとは違う部分で切り、新たに「つづく」のテロップを入れたり…。よくよく見るとけっこう滅茶苦茶で、ちょっとひどい。
(第1話~61話まではオリジナル通り)
BS-TBSでの昼ドラ再放送は、月曜~金曜のベルト放送で1日2話ずつが基本パターン。この第1シリーズは全65話という奇数で半端なため、64話分の放送枠に収まるよう再編集されたと思われ。2012年の再放送時もこれで混乱し、今回も「あれ? そういえば以前にもこんなことが…」と再確認作業に手間取ったため、自分用の覚書としてメモしておきます。

ちなみに消失した録画分も、実際には再放送されたBS-TBS版。2012年より前の再放送では、ちゃんと全話放送されていたんですよね。まだ地デジ化以前、ビデオでアナログ録画していた時代のオリジナル(TBS放送分)も、探せばどこかにあるはずだけれど…。

  Check  拍手する

RV125JP 走行距離4万km到達

2014年12月27日 - Posted by reibo - Inside [Bike] SYM RV125JP   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 12月.

RV125JPの走行距離が、とうとう4万km超に。
新車購入時から、ここまで乗り続けるとは思わなかったなぁ。
エンジンや駆動系に致命的なトラブルが起こらないという、意外なほどの頑丈さ故ですかね。
うっかりしていてメーター表示40,000.0kmジャストで写真を撮れず、400メートルほど過ぎちゃいました。
3万km到達が2013年3月だったので、1年9ヶ月で1万km上積み。意外に早かった?

rv125jp_40000km

  Check  拍手する