Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

キャンプ用ストーブ EPI:REVO-3700を導入(その1)

2013年7月31日 - Posted by reibo - Inside [Camp] キャンプ用品   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
31 7月.

 先の北海道キャンプツーリングでは、荷物の軽量小型化が必要だと改めて痛感。てか、行く度にそう感じるわけですが(苦笑)。
 で、まずは手始めに、以前から買い換えが必要だと思っていたストーブを。
 購入したのは、EPIのREVO-3700(S-1028)。
 購入先は山渓オンラインショップ楽天市場店で、購入時の価格は6,980円。このショップは価格変動が激しいものの、タイミング次第では楽天最安を争うモノも多いんですね。今回も、ちょっと前までは5,980円だったのに…。まぁ、1,000円ほど値上がりしても他店より安いですが。また、購入金額1万円以上で1,000円の割引クーポンが使えることも有り難く、ガス缶やら何やらも合わせて注文し、クーポンを利用しました。

   【← 楽天市場で探す】

EPI(イーピーアイ) REVO-3700ストーブ(日本製) S-1028  EPI REVO-3700(S-1028) 正規品【← amazonで見る】

 ストーブは小さいだけでなく風に強いことも必須条件なので、プリムスのP-153と迷ったあげく、こちらに。
 「REVO-3700のほうが風に強い」という使用感も、どこかのサイトで見かけましたし。
 あと、P-153を使っている人が「ものすごーく」多いことから、他人と違うモノを使ってみたいという、ひねくれ根性もかなり(苦笑)。
 実際の耐風性能や使い勝手は、まだ未使用なので追々と。
 とりあえず、その小ささには驚きました。

 REVO-3700外箱と本体1 REVO-3700外箱と本体2

 REVO-3700本体と収納袋・ケース1 REVO-3700本体と収納袋・ケース2
【↑ (左)ハードケースとソフトケース(布袋)が付属 (右)500ml&350mlのペットボトルと大きさを比較】

 REVO-3700本体 REVO-3700とsnow peakクッカー
【↑ (右)スノーピーク:アルミパーソナルクッカーセット(大)を載せてみる】

 REVO-3700とC-5201 REVO-3700とシェラカップ
【↑ (左)EPI:アルミ3点食器セット(C-5201)の大を載せてみる (右)シェラカップを載せてみる】

 REVO-3700はゴトク上部が滑りやすいとの使用感も目にしましたが、試しに各種クッカーを載せてみたところ、特に危なっかしさは感じず。実際にフィールドで使用してみると違うかもしれませんが、中身が入る分、重くなりますしね。たぶん大丈夫?
 手持ちのクッカーでは最大のアルミパーソナルクッカーセット(大)を載せると、バーナー部の径が小さい分、底面の中心部だけを熱することになりそうな印象はあり。これはREVO-3700に限らず、山用の小型ストーブでは致し方ないところですね。

 長くなるので、「その2」に続く。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*