Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

御朱印めぐり

- Posted by reibo

 「御朱印」とは、神社に参拝した記念に書いていただく、書と印章のこと。
 神社名、日付が書かれ、その神社独自の朱印が捺印されたものを総じて「朱印」と呼びます。
 言うなら、記念スタンプのようなものだと思えばいいかもしれません。
 もともと日本史が好きで、戦国武将に縁のある歴史文化遺産でもある神社には、各地を旅する際に立ち寄ったりしていたので、せっかくなら訪れた記念になるものが欲しい。それにはこの御朱印が最適じゃないかと。日付も入るので、後から旅の記録を振り返るにも便利ですし。

 御朱印 御朱印2 御朱印3

 この「御朱印」。もともとは寺院に納経した際の受付印が発祥だとのことですが、いつしか神社でも書いていただけるようになったとか。現在では一部の例外を除き、寺院、神社とも大概のところで御朱印をいただけるようです。
 でも、自分は最初から「神社だけでいいな」と感じました。
 寺院のそれは、本来は納経してこそのもの。今でこそ納経せずともいただけるそうですが、信仰心などかけらもないような人生を歩んできた自分が「記念に」という感覚でいただくのは、およそ恐れ多い気がして。ネット上で見かける寺院の御朱印には、それこそ本格的に「南無妙法蓮華経…」などと記されていますからね。敷居がすごく高いような…。
 いや、別に神社や神様を軽んじているわけではないのですが…。それこそ「神頼み」をしたこともありますし(^^;; 神社の御朱印は参拝記念のものだと聞いたので、それなら目的とスタイルから背伸びすることもないだろうと思っています。

 というか、きっかけがアニメだろうと突っ込まれたら言い返せないので、ほどほどにしておかないと(笑)。
 尾道を旅する際、その尾道を舞台にしたアニメ『かみちゅ!』に登場する神社を訪れ、せっかくなら記念に御朱印をいただいてみようと思ったのがきっかけなもので。。。
 『かみちゅ!』とは「女子中学生が神様になってしまう物語」ですから、その舞台には当然、神社が何度も登場するわけです。

 御袖天満宮・御朱印 艮神社・御朱印
 【↑ アニメ『かみちゅ!』の舞台となった尾道・御袖天満宮と艮神社の御朱印。御袖天満宮は、映画『転校生』で主人公の2人が神社の石段を転げ落ち、入れ替わってしまうシーンが撮影された場所でも】

 ちなみに、『かみちゅ!』の聖地巡礼から御朱印へと興味が広がっていったのは、下記のサイトに影響を受けたためです。御朱印に関する様々な情報も記載されていて、とても参考になります。

 *これまでにいただいた御朱印と、御朱印帳

 *御朱印は、何に書いてもらう?

  • 和紙であれば良いのですが、御朱印を書いていただく専用の帳面=御朱印帳があります。
  • 大手の文具店などでも買えますが、神社にはオリジナルの御朱印帳を用意しているところもあります。それぞれの神社の由来や歴史に関連した絵柄が表紙にデザインされているものも多く、裏表紙に神社名も入っているので、せっかくならこれを使いたいところ。
  • 神社で用意される御朱印帳の価格(神社にお納めする金銭なので、専門用語で「初穂料」と呼びます)は、概ね1,000円なようです。そう決まっているわけではないので、異なるところもあるかもしれません。
  • 御朱印帳の中身は、和紙が蛇腹状に連なっています。一般的なものは片面11枚=22ページなので、1冊で22か所の御朱印を記帳できます。裏面も使えばその倍ですが、表裏両面を使うことには諸説あるようで、片面だけで終わりにするのが一般的?
  • 神社によっては、ビニールカバー付きの御朱印帳もあります。汚れることもなく、持ち歩くには嬉しい配慮ですね。
  • 御朱印帳は神棚に保管して…などと書かれているサイトも多いですが、我が家には神棚などありません(^^;; 本棚に置いていますが、ダメなのかなぁ…。
  • 谷保八幡宮・御朱印帳谷保八幡宮・御朱印帳2
    【↑ 東京・谷保八幡宮の御朱印帳。御祭神:菅原道真公の花である梅の花が表紙。華やかなパステル調の御朱印帳は珍しい】

 *御朱印帳を忘れたら?

  • 神社の多くには、御朱印用の和紙や、その和紙に既に御朱印を書いたものが用意されているので、それを頂きます。
  • 頂いた和紙は、後ほど、御朱印帳に貼り付けます。和紙の大きさは、御朱印帳のサイズとほぼ同じものが用意されているようなので、貼り付けてもぴったり収まります。
  • 初詣の時期など神社が多忙な際は、御朱印をお願いすると、あらかじめ書かれた和紙で良いかどうか尋ねられることもあります。
  • 大石神社・御朱印
    【↑ 赤穂浪士が祀られていることでも知られる、兵庫県赤穂市・大石神社の御朱印。御朱印帳を忘れたので、御朱印が書かれた和紙をいただき、後から御朱印帳に貼り付けたもの。御朱印帳に直接書かれたものに比べ、色合いや滲み方がちょっと違う】

 *御朱印は、どこでもらう?

  • 神社の社務所でいただきます。たいていは、本殿の横などにあります。
  • わからないときは、お守りや絵馬を扱っている授与所で尋ねれば教えてくれます。社務所と授与所が同じ場所だったり、授与所で巫女さんが御朱印帳を預かってくれるケースもあります。
  • 御朱印を書いていただく場合、10~15分程度は待つことになります。宮司さんや巫女さんが御朱印帳を預かり、奥のほうへ持って行かれるはずなので(その場で、目の前で書くわけではない)、一言ことわってから、その間に参拝を済ませるのがいいかと。
  • 参拝客が多くない神社では、社務所(あるいは授与所)が無人な場合も少なくありません。用事がある際は宮司さんのお宅(たいていは近隣です)へと案内が出ている場合は、そちらへ伺います。見知らぬお宅をいきなり訪問するわけで、緊張します…(^^;;
  • 境内が無人で案内もないときは、正直、困ります…。中規模の神社では社務所が宮司さんのお宅と兼用なことも多いので、通りかかった地元の方に宮司さんのお宅を尋ねてみると、教えていただけたりします。
  • 小さな神社だと、宮司さんが何カ所かの神社を兼任していて、近くに住まわれていないところも数多くあります。この場合、御朱印をいただくのは難しいようです。

 *御朱印をにはお金が必要?

  • 御朱印帳と同じく、初穂料が必要です。
  • 概ね300円が、一般的な相場(?)なようです。決まりではないので、異なる場合もあります。
  • たいていは宮司さん(受付の巫女さん)から「初穂料は**円でよろしいですか?」などと尋ねられますが、時には「おいくらでも」と言われることがあります。その場合は、一般的な300円をお渡しすることにしています。

 *御朱印関連の入門書

     決定版 御朱印入門  御朱印ブック  御朱印巡礼: 愛蔵版  かわいい御朱印めぐり