Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

RV125JP 奥多摩〜道志ツーリング

2007年3月21日 - Posted by reibo - Inside [Bike] SYM RV125JP   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
21 3月.

 SYM RV125JPの購入ショップで行われた、スクーター限定・125cc中心のツーリングに初参加。
 ルートは、五日市街道~檜原街道~奥多摩周遊道路~R139(松姫峠-大月-山中湖)~R413(道志村)という日帰りコース。
 参加とは言っても、当日は寝坊して大幅な遅刻…。集団の後を追い始めたものの、最初の目的地:都民の森に着いたのは、他メンバーが出発した50分後。奥多摩周遊道路とR139(松姫峠)を攻めまくり、何とか大月での給油休憩中に追いつきましたとさ。
 しかし、大型風防やリアボックスまで装着した125ccスクーターで、峠を攻めるなんて…。あり得ないよ(苦笑)。
 周囲のバイクから奇異の目で見られていることは承知で、ガシガシと。右サイドは十数回も擦ったエキパイが削れまくり、今にも穴が開きそう(苦笑)。苦手な左コーナーは倒し込めないので、センタースタンドを数回擦った程度なんですけれどね。

 エキパイ エキパイ2
 【↑ 削られてしまったエキパイ。(錆止め塗料を塗布後)】

 しかし、小菅村~大月間のR139はすごいですねぇ。
 首都圏の数少ない「醜道」として、名高いだけのことはありました。

 とにかく先を急いでいたので、檜原温泉センター・数馬の湯や、小菅村小菅村は、横を素通りしただけ。ツーリング途中でも立ち寄れはしなかったでしょうが、ちょっと残念。改めて、ゆっくりと訪れたいですね。
 小菅村の村内も、けっこういい雰囲気でしたから。東京から近い場所に、こんな場所もあるんだなぁと。
 村営の多摩川源流研究所という施設もあって、ちと興味あり。

 お昼は、河口湖畔のほうとう不動・河口湖北本店にて。あれだけのボリュームのほうとうが1,050円とは、安い。味も、それなりに満足で。
 てか、身体が冷えすぎていて、「暖かい!」ことしかわからん(苦笑)。奥多摩周遊道路で見かけた温度表示は、4℃だったもの(T_T)
 その後はR413、四輪では何度も通っている道志道へ。二輪では初めて走るルートばかりでしたが、道志道は四輪より二輪のほうが楽ですね。四輪では、中途半端に抜けにくいコーナーが連続するので。
 あとは帰るだけになったところで、他メンバーと別れた自分は道志村営の温泉:道志の湯へ。途中合流・途中離脱とは、いけないコですー。
 R413から分かれ、山中に向けてしばらく走ったところに、ポツンと…。そんな表現がぴったりな温泉は、内風呂と小さな露天風呂だけの、こじんまりとした施設でした。

 道志の湯【← 携帯で撮った写真なので画質は…】

 かつては大量のレジャー客が押し寄せ、週末などは悲惨な状況だったとも聞きますが、この日は平穏そのもの。
 時刻は16時半頃で、入浴者は地元の方が6~7人ほど。田舎の温泉施設に地元の顔馴染みが集まり、相撲中継を観戦する。そんな休憩室の風情も素敵で、のんびりできました。
 R413沿いには、新たな民営の観光温泉施設が何軒も作られ、設備も立派ですからね。余所者の一見さんは、そちらへ足が向くのでしょう。

 などと風情に浸っていると、鼻がムズムズ。くしゃみが(T_T)
 この日は花粉が少なく、それまでは何ともなかったんですけれどねぇ。絨毯敷きのロビーに、花粉が堆積・蔓延していたらしく…。
 おいしそうだった《焼たけのこ/てっぽう漬け》(525円)を土産品コーナーで購入し、とっとと退散することに。

 焼たけのこ【← 焼たけのこ(製造販売/山梨県甲斐市・保延商会)】

 そして、帰宅後。
 そのタケノコを食べようとした途端に、鼻が爆発(T_T)
 パッケージの外も中も花粉だらけで、鼻水をだらだら流しながら、くしゃみをしまくりながら、「うまいうまい」と食べるミョーな状況に(苦笑)。
 焼いたタケノコの中心をくり抜き、山くらげの漬け物を詰めた手作りアイデア商品で、ボリュームも満点(タケノコがデカい!)。マジでウマイのですが…。今度は、花粉が飛ばない時期に買いたいですね~。

 *走行距離:250kmぐらい。燃費:25km/lぐらい。

 日帰り温泉関東周辺 (’07)  首都圏からの日帰り温泉 (’07)
 【↑ (左)日帰り温泉関東周辺 (’07るるぶ)/(右)首都圏からの日帰り温泉 (’07まっぷる)

  【← 道志村の水と山梨県甲州名物ほうとうセット!(送料無料)】

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*