Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

初めての格安レンタカー:ニコニコレンタカー

2012年1月07日 - Posted by reibo - Inside [Misc] Misc, [Travel] Diary, [Travel] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
07 1月.

 今回の広島への旅で、いわゆる“格安レンタカー”を初めて利用した際のお話。
 旅の行程上、レンタカーを借りられると便利な竹原市に拠点がある、ニコニコレンタカーを使ってみました。
 同社はいつも給油している地元のGSが拠点になっていることもあり、そのうち利用してみたいと思っていたんですよね。
 という前置きからもわかるように、こうした格安レンタカー会社の拠点(営業所)は大半がガソリンスタンド。なるほど、新規に営業所を開設したり、その維持管理費用が不要な分、コストダウンできるわけですね。その代わり、拠点が駅から遠かったり、便利とは言えない場所に多かったりもするわけですが…。フツー、駅前や商店街の真ん中にガソリンスタンドはないですから。
 今回利用した竹原店の場合、そもそも竹原観光のポイント:重要伝統的建造物群保存地区が駅から遠く(徒歩10~15分)、同地区から店舗までが徒歩5分ほど。散策後にレンタカーを借り、返却後は再び同地区に戻って食事…という予定にはピッタリな場所なのでした。
 ガソリンスタンドが拠点だと、返却時にスタンドを探して満タン返しにする必要がないのも便利ですね。そのまま帰って、借りたスタンドで給油してもらえばOK。竹原店の場合、レンタカー利用者は通常より安い料金で給油できるそうな。

 ニコレンメイトカード レンタカー
 【↑ 当日作った会員カードと、借りたパッソ】

 ちなみに、格安レンタカー会社でレンタカーに使用されるクルマは中古車が基本。状態の良い中古車を探してきては、レンタカーに転換しているそうな。まぁ、レンタカーなんて大手のそれにしても中古車みたいなものですから。。。もちろん、走行距離が1万km未満の新古車に当たるケースも多いですが。
 この日のクルマは、走行71,000kmのパッソ。大手レンタカー会社だと引退している走行距離かもしれませんが、見た目や乗り味はとても7万km超には思えず。メンテナンスさえしっかりしていれば、短時間の利用で不満が出るようなものではないですね。足回りとか、新品に交換してあるんじゃないのかな。正直、どんなボロ車が来るんだろうと思っていたところがあるもので、拍子抜けでした(^^;;
 車を港において島に渡ったりしていたもので、6時間借りて走行距離はわずか43km。ガソリン消費量は8.3リッター。燃費は、パッソのような小型車にしては驚異的な5.18km/L(苦笑)。走行距離の半分はエンジンが唸りを上げるほど急な山道の上り下りだったので、致し方なし。。。そんな山道でも、クルマに不安を感じることは一度もなかったのがポイントですかね。

 あと、この日はたまたま空きがなく禁煙車になりましたが、同じクラスで喫煙可能車が用意されている点は嬉しいですね。もうひとつ代表的な格安レンタカー会社:ワンズレンタカーも検討したのですが、そちらは禁煙車しかないようなので。念のため問い合わせてみると、全国的に大半が禁煙車で、喫煙可能車が用意されている店舗はごく一部なのだとか。
 ちょっと疑問に感じたのは、スタッドレスが「標準オプション」の名目で装着されていたこと。オプション料金315円が有無を言わせず加算されました。冬季はこの「標準オプション」仕様になるそうですが、利用者が選択できるべきじゃないの? 広島県でも三次や庄原のほうなら冬季=積雪=スタッドレスが必要なのかもしれませんが、借りたのは瀬戸内エリアですからね。もちろん、雪など見かけることもなく。
 帰京後に地元のスタンド(営業所)で尋ねたところ、東京にそんな「標準オプション」はないそうです。てか、スタッドレスの用意自体がないらしい(苦笑)。それはそれで、雪があるエリアに行くなら使えないじゃん、ということになるのですが。
 この件もライバル(?)のワンズレンタカーに尋ねてみると、こちらは、
「冬季に標準装着されている店舗では基本料金内、別途装着する場合はオプション料金が必要」
 とのこと。このほうが良心的というか、納得できますね。

  Check  拍手する

旅にっき (2012.01.05-09/広島・赤穂)

2012年1月05日 - Posted by reibo - Inside [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
05 1月.
旅にっき (2012.01.05-09/広島・赤穂)

 青春18きっぷ消化のため、西へ。
 アニメ『たまゆら~hitotose~』の舞台となった“安芸の小京都”こと広島県・竹原と、大崎下島の御手洗地区を巡る旅。かつて陸軍の毒ガス工場があったことから“毒ガス島”とも呼ばれる大久野島や、広島の平和記念公園にも立ち寄り。
 アニメ繋がりで尾道にも降り立ち(苦笑)、アニメ『かみちゅ!』の聖地も巡礼。
 また、これまで素通りばかりだった赤穂線内で往復とも途中下車。往路は日生でB級グルメとして人気上昇中のカキオコを食し、復路は播州赤穂で赤穂浪士ゆかりの赤穂城址や大石神社へ。

 赤い青春18きっぷ 竹原市役所「たまゆら」看板
 【↑ (右)竹原市役所に掲げられた巨大『たまゆら』看板】

  Check  拍手する

東横イン弘前駅前

2011年12月27日 - Posted by reibo - Inside [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 12月.
 本来はTravel Diaryネタなのですが、更新がいつになるかわからないので(苦笑)、備忘録的にメモ。

 今回のプチ旅で、12月23日~26日まで3連泊した東横イン弘前駅前
 アクセスは、JRやバスで弘前へ来る際には完璧。駅前ローターリーに面していて、弘南バスのターミナルにもほど近い。ライバルのスーパーホテルが駅から遠い繁華街・土手町に立地しているため、アクセス面では一人勝ち?
 もともと弘前には全国チェーンのビジネスホテルがなく、いわゆるビジネス価格帯の利用客は、地元資本のホテル数軒で事実上の寡占状態だったところ。それも駅周辺ではなく、土手町エリアの立地が中心。弘前駅を玄関口とする遠方からの利用者には、かなり不便だったんですよね。競争原理が働かないためか、都市レベルからするとサービス水準も低く、コストパフォーマンスも悪いという典型的な地方都市パターンで。
 ところが、東北新幹線の青森延伸が具体化してきた2000年代半ば過ぎから、各大手チェーンが一気に進出。その筆頭が東横インで、駅前にはもう一軒、ルートインもできるなど過当競争気味に。秋田や青森に比べ弘前の東横インが強気の価格設定だったのは、その立地の良さから勝てると踏んだからでしょうね。
 が、結果はそうではなかったのか、最近は価格設定がダダ下がり(苦笑)。今や秋田や青森が割高に感じるほど、特に冬期間は激安に。利用者が予想外に増えないからでしょうが、それにはいろいろ、思い当たるフシもあるわけです。リピーターが増えないだろうなという。

 部屋から望む弘前駅前
 【↑ 部屋の窓から駅前を望む。まさにベストな立地でしょ】

 こちらも開業以来、何度か利用してきましたが…。満足度はかなり低く、いいのは立地だけという印象も強くて。
 まず、フロントの対応というか、サービスに対する考え方がちょっとおかしい。弘前レベルでしか物事を見ていないというか、他の東横インとの比較でも「エ?」と思わざるを得ないようなことがよく起こる。
 例えば東横イン利用者にはお馴染みの室内用ガウン。通常フリーサイズの他にLLサイズもあり、フロントで言えばすぐ用意してくれるのが一般的。ところがここは、頼む度に必ず一言、言われるんですわ。「フリーサイズですので…」とか、「LLサイズですか…!?」などなど。いや、ちゃんと用意されているんですよ。なのに、面倒なのか素直に出してくれない。こちらがワガママで、悪いことをしているかのような気分にさせられてしまう。身長180cm超の人間が通常のガウンを使うと、丈がヒザぐらいまでしかなく寒いんだっての。
 以前には暖房が20度より上がらなかったことも何度かあり、設備面のメンテナンスも今ひとつ。冬場だったのですっかりカゼをひきました。

 今回の利用は、雪国の北東北でも話題になるほど、強烈な寒波に襲われた数日間。暖房こそ効いたものの、同時に大きな問題が生じました。
 それは、部屋に加湿器がないこと。
 東横インは加湿器が標準装備だと思われる方も多いでしょうが、違うんですよね。自分の経験上、設置されていないのは全国でここだけですが。積雪や降雪が当たり前の雪国なので、ふだんから湿度が高く、加湿器を使う習慣があまりないとか?
 でも、ここは密閉度の高いホテル。冷え込みの厳しさから暖房全開となる室内は乾燥しまくり、ノドはガラガラ。3連泊した今回も、外に出ている昼間は問題ないのに、ホテルに戻った翌朝は体調がボロボロ……の繰り返しで。最終日の朝は、しゃべりたくても声が出ないほどノドの状態が悪くなりました。カゼの症状も一気に悪化し、帰宅後はひどいことに……。
 ここを利用する際は滞在パターンで連泊~数泊することが多いのですが、その度に風邪をひき、体調がひどくなるんですよね。。。
 今回の利用ではさすがに頭に来て、帰宅後に加湿器は置かないのか問い合わせてみたところ、一部の部屋には置かれているらしい。全室設置を予定しているが、いつになるかはわからないとも。「それがどうかしましたか?」的な対応をされたので、おかげで体調を崩して大変だったことを話すと、やはり「そうですか」的な対応が為されるだけ。「申し訳ありません」とか、「ご迷惑をおかけしました」とか、一言ぐらいあってもいいんじゃない? あらかじめ加湿器のある部屋を希望しておけば対応するとのことですが、告知しているわけでもなく、尋ねなければわからないことですよね。
 ちなみに、北海道の東横インには加湿器が置かれていますよ。北東北でも、秋田にはあります。雪国云々は関係ないですね。
 青森は利用した際の記憶があやふやなので問い合わせてみると、全室完備ではないが、フロントで言えば貸してもらえるとのこと。つまり、「ない」ままで済ませているのは、自分が知る限りでは弘前だけだと。
 ちょっと前に福井駅前が東横インのワースト1だと書きましたが、冬季に関してはここも双璧ですね。。。

 東横インは、全国どこへ行っても均一な、同等のサービスを提供するのが売り。当然、利用者も全国から集まり、それを期待する。
 なのにホテル側は、青森とも違う弘前のレベルでしか「サービス」を捉えていない。このギャップが最大の問題なのでしょうね。そりゃ、弘前エリアだけでの比較なら、価格比からも十分に高水準なビジネスホテルですから。

  Check  拍手する

旅にっき (2011.12.23-26/青森)

2011年12月23日 - Posted by reibo - Inside [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
23 12月.
旅にっき (2011.12.23-26/青森)

 弘前でお約束のイベントがあるため、青春18きっぷで往復。
 出発前の天気予報は、出発日から行程4日間、すべて「暴風雪」。冬場の北東北では強風&大雪による列車ダイヤ乱れ&運休に何度も悩まされてきたので、今回は嫌々、素直に東北本線~花輪線ルートを選択。
 が、その東北本線が往復ともトラブル続きで…。冬の東北のJRは、ホントにダメだ。。。

 現地では津軽フリーパスを購入し、津軽鉄道にも4度目の立ち寄り。

 新旧・津軽フリーパス
 【↑ (左)今回の津軽フリーパス (右)2009年時の津軽フリーパス】

 津軽フリーパスは、購入時に「2,000円です」と言われて何か違和感を感じたのだけれど…。そうか、今年3月から500円値上げされたんですね。その代わり、東北新幹線の新青森延伸を踏まえてJR奥羽本線:青森-川部間がフリーエリアに追加されたと。
 同時に、津軽鉄道の金木-芦野公園間がなぜか1駅区間だけフリーエリアから外れ、弘南バスの弘前-ロマントピア間もカット。
 青森から利用する人にはかなりお得なキップになったものの、弘前を中心とした利用だと単なる値上げじゃん。。。

  Check  拍手する

丸岡城への路線バス

2011年12月07日 - Posted by reibo - Inside [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
07 12月.

 本来はTravel Diaryネタですが、更新がいつになるかわからないので(苦笑)、備忘録的にメモ。

 この日は丸岡城へと立ち寄ったのですが、下調べの段階で困ったのが路線バスの便。
 福井駅もしくは丸岡駅から京福バスに乗り、本丸岡か丸岡城で下車すればいいとはわかったものの、丸岡駅とを結ぶ路線の時刻が謎で。
 坂井市観光ガイドの「丸岡城へのアクセス」ページを見ると、京福バス丸岡・本丸岡線(85系統)の時刻表が載っています。が、京福バスのサイトを見ると、丸岡駅発の路線は82系統・永平寺口駅前行(本丸岡経由)しかなく、時刻もまったく違うと。
 もともと一日5~6本しか便数がない路線なので、これは非常に困る。
 丸岡城への路線バス案内が掲載されたサイトを見ても、記述はまちまち。上記ページをコピペしただけのモノも多く、アテにならない…。

 結局、現地に行ってみなければわからない。
 福井駅からバスに乗るのが一般的なアクセスルートらしいので、往路は福井駅から、帰路は状況を見て丸岡駅へというコースを選ぶことに。
 福井からのバスは乗り場がちょっとわかりづらいですが、駅前の観光案内所で尋ねれば時刻表と丸岡城周辺地図のコピーをくれ、親切に教えてもらえます。10番、11番乗り場から1時間に3本出ている31系統・36系統の丸岡線:本丸岡行に乗車し、約40分(640円)。
 終点の本丸岡まで乗り通すとバスは折り返しの福井駅行となりますが、降車せずにそのまま乗り続けると、次のバス停が丸岡城至近のバス停:丸岡城。丸岡市街地では本丸岡を中心にバス路線が一方通行となるため、折り返しの福井駅行だけが丸岡城バス停を通るわけです。福井駅発07:32、15:42、16:42の便だけは丸岡城を通らないことも、案内所でもらえるコピーに記載されています。
 同バス停で下車すると、親切に運転手さんが「このバス停を通るバスは全て福井駅前行ですから」と教えてくれました。でも、帰りは本丸岡まで歩いて、丸岡駅方面へ向かうつもりなので…。すいません。
 丸岡城を通らない便に乗った場合、あるいは丸岡駅から来た場合は、本丸岡で下車。本丸岡バスターミナルは旧・京福電鉄の本丸岡駅跡を利用しているため、待合室も完備。その待合室内に、丸岡城への案内図もあります。道順はわかりやすいので、迷うことはないでしょう。城入口まで、徒歩10分といったところ。(山上の天守までは、さらに徒歩5~6分かかります)

 本丸岡バスターミナル 周辺案内図
 【↑ 本丸岡バスターミナルと、待合室に掲げられた丸岡城への案内図】

 本丸岡バスターミナルの場所がわからないと全体像が見えにくいので、Googleマップに本丸岡と丸岡城の両バス停をポイントして貼り付けておきます。行かれる方はご参考までに。

 大きな地図で見る

 さて問題の、丸岡駅と本丸岡とを結ぶ路線バス。
 帰路に本丸岡バスターミナルまで歩いてきて、疑問が解決しました。
 もともとは丸岡駅-本丸岡間の85系統、本丸岡-永平寺口駅前間の82系統という2路線だったものが、昨年春から丸岡駅-永平寺口駅前:82系統として一本化され、時刻も変わったんですね。その旨の案内が、本丸岡バスターミナルの待合室に貼られていました。
 つまり、京福バス:公式サイトにある本丸岡、丸岡駅の時刻表が正しいと。坂井市観光ガイドに記載されているアクセス案内・時刻表は誤り。もう2年近く、誤った古い情報を掲載したままということですねぇ。ありがちな話ですが…。

 本丸岡17:47分発の丸岡駅行バスは、本丸岡で乗っていた2人が下車し、車内の乗客は乗り込んだ自分だけ。そのまま終点の丸岡駅まで15分弱、乗降なしのノンストップでした。運賃は200円。福井駅からのバスは40~50分ほどかかる上に運賃も640円と安くないので、時間が合うなら丸岡駅からの便を利用するのも悪くないかと。
 ちなみに、丸岡周辺には坂井市コミュニティバスも走っていますが、余所者には路線網がわかりづらいので、京福バスの利用が無難。

2012.01、追記

 気になったので年明に坂井市へメールしてみたところ、すぐに「修正しました」との返答をいただきました。
 改めて「丸岡城へのアクセス」ページを見てみると、なるほど、バス時刻表は京福バス公式サイトへのリンクに変更されていました。バス時刻に関しては、ヘタに記載するよりこのほうがいいかもしれないですね。どの路線時刻を見ればいいかが記載されているのも、親切です。
 自治体(もしくは観光協会)運営の観光サイトって、観光スポットへのアクセスが「**駅よりクルマで*分」などと、遠方からの観光客には意味がない情報を掲載しているだけのケースが目立つんですよね。首都圏と違ってクルマ社会なので、そこに違和感を感じられないのかもしれませんが…。その点、同市のサイトは評価すべきじゃないかなと、はい。

さらに追記

 坂井市観光ガイドサイトが全面的に改訂され、「丸岡城へのアクセス」ページは消滅しました。
 現在は、丸岡城の観光案内ページに以下のような記載が。
 自治体の観光アクセスガイドとしては、「路線バス利用者にも優しい」親切な内容で好感が持てます。

アクセス [公共交通]

・JR福井駅前京福バス乗り場から「丸岡線」に乗車、約40分。「丸岡城」バス停下車、徒歩約5分。バスは、30分に1本程度あり
・JR芦原温泉駅前京福バス乗り場から「永平寺東尋坊線」または「長屋線」に乗車、約20分。「城入口」バス停下車、徒歩約7分。バスは、日中2時間に1本程度あり

ワンポイントコラム

JRの駅では丸岡駅が最寄り駅ですが、丸岡城までは約4.5km程度離れています。丸岡駅からは、日中の丸岡方面行きのバスは3本しかないため、タクシー利用をおすすめします。(タクシーは、駅前のタクシー待合所から電話で手配できます)
※交通の便や費用のことを考えると、JR福井駅前からバスを利用された方が便利です。

 丸岡駅からの路線バスは、無視に近い(苦笑)。本丸岡から天守までの徒歩や、日曜運休なことを考慮すると、観光客向けではないという判断も致し方ないでしょうか。ちなみに、自分が丸岡駅を訪れた際は、駅前でタクシーが2台ほど客待ちしていました。
 芦原温泉駅とを結ぶ路線は盲点で、まったく考慮していなかったですね~。

  Check  拍手する