Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

旅にっき (2014.09.03-26/北海道)

2014年9月03日 - Posted by reibo - Inside [Bike] SYM RV125JP, [Bike] キャンプツーリング, [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
03 9月.
 *旅にっき (2014.09.03-26/北海道)

 昨年に続き、北海道へのキャンプツーリングに旅立つ。
 往路は新潟からの新日本海フェリー:小樽便で、今回もステートルームB(1等)。

 例年の北海道ツーリングは6月下旬~7月上旬でしたが、今年はW杯イヤーだったこともあり、初めて9月に。
 初夏~夏は(熊の活動や自然保護の観点から)自由に歩くことが難しい知床五湖の三湖~五湖も、この時期なら歩けるはず。鮭の遡上も見られるだろうと、9月ならではの予定も組み込みつつ出発。

 北海道の人に言わせると、「道内を旅するなら9月がいちばんいい」とか。ただ、キャンプツーリングの場合はちょっと趣が異なるわけで。
 現地で感じたのは、日照時間の短さ。ただでさえ短い北海道の日照時間が、さらに短くなる時期ですからね。夕方は17時にはもう暗く、18時前には夜の闇。薄暗いうちにキャンプ場到着~テント設営を済ませるのが精一杯で、時間に追われるような落ち着かない毎日に。
 これが1年でもっとも日照時間の長い6~7月なら、夕方は18時過ぎまでが「昼間」の感覚。薄暗い19時でもテント設営は可能で、19時半には暗闇となるので、買い出しや食事などにも余裕があり、到着が遅くてもキャンプを楽しめるんですよね。広大な北海道を巡る旅では、こうした時間的な余裕が大きな違いとなりますから。

 天候にも恵まれず、小樽に上陸した直後から雨が降り出し、初日から一日じゅう土砂降り。テレビの天気予報では、「今日は久々にまとまった雨となり…」。出会ったライダーによると、前日までは2週間近く雨が降らなかったらしいのに。
 翌日以降も10日間ほど、毎日が雨・雨・雨…。勘弁してよー。
 北上した後は宗谷丘陵からオホーツク海沿いに南下し、知床を経由して根室から道東を巡り、釧路、帯広へ。
 日中の天候が回復した後も、予報を裏切るゲリラ豪雨に悩まされる日々。キャンプ場に入り、設営から食事にあたる時間帯が雨ばかりというのも泣きどころで。快晴続きとなったのは、雨続きで予定が狂い、ずるずると道内滞在が延びた2週間目から。が、同時に気温も下がり始め、道東では深夜の気温が一桁に(5度~8度ぐらい)。寒さで眠れない日が続き、キャンプを諦めて宿に入らざるを得なくなってしまいました。
 さらに、あとは襟裳岬を回り、苫小牧からフェリーに乗るだけとなった24日、大樹町でバイクにトラブルが発生。自走不能となった上に滞在もできない状況で、結局は帯広でツーリングを中断して帰京することに。

 道内滞在3週間と過去最長の旅だったにもかかわらず、一日じゅう天候や気温に恵まれ、走りや観光、キャンプのすべて満喫できたと感じられる日は、せいぜい2日ほど? 序盤の天候不良から最後の大アクシデントまで、これほど悲惨な北海道ツーリングは初めてでしたわ…(泣)。

 *走行距離:3,800km
 *平均燃費:27.1km/l  *給油時の最高燃費:30.46km/l
 (タイヤの状態によるためか、ツーリング終盤から燃費が悪化)

  
 【↑ (左)「ホクレンSSライダーキャンペーン2014」のフラッグは4色コンプリート (右)知床五湖の売店で買ったフラッグと、納沙布岬の北方館でもらったフラッグ。窓口で北方領土視察証明書を発行してもらう際、バイクでの訪問者には無料配布されるものらしい】

  Check  拍手する

旅にっき (2013.06.27-07.13/青森・北海道)

2013年6月27日 - Posted by reibo - Inside [Bike] SYM RV125JP, [Bike] キャンプツーリング, [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 6月.
旅にっき (2013.06.27-07.13/青森・北海道)

 2012年は諸事情から旅立てず、2011年以来になるバイク(RV125JP)での北海道キャンプツーリング。
 今回は青森まで(125ccなので高速じゃなく下道を)自走し、津軽半島エリア(未訪だった西岸部)に寄り道。津軽海峡フェリーで渡道してからは道南~道北・道東を巡り、帰路は苫小牧から商船三井フェリー:大洗便を利用。
 道南では、とにかく雨、雨、雨。もう嫌になって道央~道北・道東へと逃げ出した日程終盤から、ようやくキャンプツーリングらしい旅に。その終盤は、崩壊が危惧されるタウシュベツ川橋梁など、大半が再訪エリア。過去の訪問時に立ち寄れなかった場所も落ち穂拾いしつつ、スウェーデンから一人で北海道の山を回っている女のコに出会ったり。糠平湖の水量がこの時期にしては異常なほど少なかったおかげで、タウシュベツ川橋梁も前回訪問時以上に堪能できました。
 ホクレンのGSで給油するとフラッグを購入できるホクレンSSライダーキャンペーン2013では、初めて4種類(道南・道央・道北・道東)のフラッグをコンプリート。これまでは、いつも3種類止まりだったので…。

 *総走行距離:3,009km (東京-青森間を含む)
 *平均燃費:28.20km/l

  Check  拍手する

沖縄みやげ 『はいたい七葉』グッズww

2013年6月07日 - Posted by reibo - Inside [Misc] Misc, [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
07 6月.

 先日の沖縄旅での、大きな目的のひとつ。
 琉球朝日放送で制作&オンエアされていたアニメ『はいたい七葉』の、沖縄限定販売グッズを購入すること(笑)。
 とりあえず、見つけたら買いまくる感じでした。てか、道の駅に立ち寄れば必ず、『はいたい七葉』と『琉神マブヤー』コーナーがあるんですよ。沖縄オリジナル制作の両作品は、相当な人気ですね。
 『はいたい七葉』は、ちょうど第2期がオンエア中だった影響もあるのかな。国頭村の道の駅:ゆいゆい国頭などはすごくて、ドーンと設置された専用コーナーで、販売されている公式グッズの大半が揃ってしまうほど。国頭村の女のコは、よほど『はいたい七葉』が好きなんだなぁ。
 で、その一部、お菓子類を備忘録的に残しておきますです。長期保存できないものは早めに食べなければならないので、先に写真を撮っておかなきゃと(苦笑)。他に文具類もいろいろ入手したので、食べられないグッズの分は、気が向いたら載せます(^^;;

 はいたい七葉グッズ
 【↑ オレンジジュースやキャンディー、携帯ストラップなども写ってます】

 はいたい七葉:チョコクランチ1  はいたい七葉:チョコクランチ2
 【↑ いちごのチョコクランチ。バッグに入れて持ち帰る際、箱が少し潰れてしまいました…】

 はいたい七葉:チョコ&マンゴープチシュー1  はいたい七葉:チョコ&マンゴープチシュー2
 【↑ チョコ&マンゴープチシュー。これがいちばんおいしかった。プラケースがティッシュボックスになるアイデア商品】

 はいたい七葉:塩せんべい  はいたい七葉:チョコこくとう
 【↑ (左)塩せんべい(コンソメ味)。沖縄の伝統的なお菓子。石垣の塩を使用】
 【↑ (右)チョコこくとう。黒糖とチョコをミックスし、ココアパウダーで包んだお菓子】

  Check  拍手する

旅にっき (2013.06.03-06.05/沖縄)

2013年6月03日 - Posted by reibo - Inside [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
03 6月.
旅にっき (2013.06.03-06.05/沖縄)

 JALのマイル特典航空券を利用して、沖縄へ。
 当初は5日間の予定だったのですが、急な仕事の都合で3日間(実質2日間)に短縮。
 マイル特典のキャンペーンを利用したプランなので、時期をズラすこともできず。
 おかげで、駆け足のバタバタ旅になってしまいました(T_T)
 未訪だった北部の一周を完遂し、ヤンバルクイナにも遭遇。

  Check  拍手する

旅にっき (2012.04.23/博多)

2012年4月23日 - Posted by reibo - Inside [Travel] Diary   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
23 4月.
旅にっき (2012.04.23/博多)

 所要で博多へ日帰りした際、その前後の空き時間を利用して御朱印めぐりへ。
 以前なら中途半端な空き時間を持て余していたでしょうが、御朱印めぐりという新たな趣味(?)はこーゆーときに便利ですね(^^;;
 とは言え時間があり余っていたわけではないので、博多駅から短時間で往復できる香椎宮と、福岡市内中心部にあり、地下鉄で行ける筥崎宮(箱崎宮)と櫛田神社を訪れたのみ。太宰府は時間的に無理でした。
 てか、これだけ何度も福岡を訪れているのに、太宰府に行ったことがない自分って。。。

  Check  拍手する