Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

ブラウザをCyberfoxに変えてみた(その後)

2014年5月10日 - Posted by reibo - Inside [PC] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
10 5月.

 「ブラウザをCyberfoxに変えてみた」と書いたように、ブラウザを久々に、Firefox系に戻してみました。
 が、ちょこちょこと問題が…。
 いや、不具合というほどの問題ではないものの、やはりFirefox系ブラウザはいろいろ面倒くさいなと(^^;;

 1つ目は、Java
 個人的には、セキュリティ面など何かと面倒なので、「必要がなければJavaはインストールしない」考え方です。
 ごく一般的な使い方であれば、なければないで困らないもの。
 が、困ることに。。。
 So-net公式サイトの各種手続きを行う「マイページ」で、いつの間にかJavaが必須になっているじゃないですか…。Javaがない(ブラウザ用プラグインがインストールされていない)状態では、手続きが何もできない。そうそう頻繁に利用するわけではないため、気づかなかった。。。
 勘弁してよ。何で、そんなシステムにするかなー。
 So-netなんか、本当はやめたいのに。諸事情から、仕方なく契約しているだけなのに。
 ブツブツ言いながらJavaをインストールすると、Cyberfoxの [アドオン]→[プラグイン] 画面に、こんな表示が。

 プラグイン画面
 【↑ 一番下の、赤く囲った [Java Deployment Toolkit] が問題】

Java Deployment Toolkit 7.0.550.13 は安全ではありません 注意が必要です。

 そうですか。
 開発者じゃないので、Java Deployment Toolkitなど不要です。不要でも、勝手に入れられてしまうんですよ。
 弊害はないでしょうが、気持ち悪いので何とかしたいぞ。
 ちょっと調べて、以下のサイトを参考にイジります。

参考サイト
  1. [C:\Windows\System32] か、 [c:\Program Files\Java\jre7\bin\dtpplugin] か、 [C:\Windows\sys\WOW64] にある、[npDeployJava1.dll] というファイルを探す。
  2. 自分の場合は、[c:\Program Files\Java\jre7\bin\dtpplugin] にありました。環境によって場所が異なり、上記の複数に存在する場合もあるらしい。
  3. 同ファイルの拡張子を「old」などに変更する。
  4. ブラウザ(Cyberfox)を再起動。削除完了。(プラグインを読み込まなくなる)

 プラグイン画面
 【↑ プラグイン画面で、[Java Deployment Toolkit] 項目が消えている】

 その2は、例によって面倒な、「証明書」の問題。
 たまたま青森県庁のサイトを見ようとしたところ…。

 画面キャプチャ

接続の安全性を確認できません

www.pref.aomori.lg.jp に安全に接続するように求められましたが、接続の安全性が確認できませんでした。
安全に接続する場合は通常、あなたが適切な相手と通信することを確認できるように、信頼できる証明書を提供してきます。しかし、このサイトの証明書は信頼性を検証できません。
これまでこのサイトに問題なく接続できていた場合、このエラーが表示されるのは誰かがこのサイトになりすましている可能性があるということであり、接続すべきではありません。

技術的詳細を表示

www.pref.aomori.lg.jp は不正なセキュリティ証明書を使用しています。
発行者の証明書が信頼されていないためこの証明書は信頼されません。
(エラーコード: sec_error_untrusted_issuer)

 面倒くさい。
 と言うか、「**県」などの公式サイトでこれが表示されると、萎える。心臓に悪いし(苦笑)。
 Firefox(Cyberfox)は悪くないのですが。
 「危険性を理解した上で接続」したところ、LGPKI(地方公共団体組織認証基盤)の証明書:Application CA G2 がインストールされて。

 ちなみに、一時話題になった、GPKI(政府認証基盤):政府認証基盤アプリケーション認証局2(Root) 自己署名証明書はインストール済み。

参考サイト
  • GPKI(政府認証基盤)の対応遅れにより、Firefoxでハローワークなどのサイト閲覧時に警告が表示される事態に
    (2013.12.11/Slashdot
  • 日本政府は政府関連サービス向けに認証基盤(GPKI)を提供しているが、Firefoxではそのサポートが遅れており、そのためハローワークなどのサイトがFirefoxでのアクセス時に「接続の安全性が確認できない」と表示される事態になっている(mozillaのbugzilla)。

    GPKIの証明書がWindows Updateで配布されたことも以前話題になったが、Firefoxは独自にルート証明書を管理しており、今回は更新された新しいルート証明書がFirefoxに含まれていないために問題が発生しているようだ。

    証明書の配布も行われているが、証明書を配布しているwww.gpki.go.jpについてもアクセスすると「接続の安全性が確認できない」という表示がされる状況になっている。

  Check  拍手する

ブラウザをCyberfoxに変えてみた

2014年5月02日 - Posted by reibo - Inside [PC] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
02 5月.

 Comodo Dragonの不調から、新たなブラウザ候補に選んだのはCyberfox
 今回はFirefox系で考えたため、同ベースのブラウザでは更新が迅速らしく、動作も本家より軽快なものをと。
 また、64bit版というのも大きな理由。Chrome系32bit版ブラウザよりメモリ消費が少ないとの情報もあり、使ってみることに。

 公式サイトから最新バージョンの28.0.1をダウンロードし、インストールしますが、それだけでは英語版のまま。
 日本語化のためには、ちょっと手間が必要。

  1. ダウンロードボタンのすぐ下にリンクが貼られているLanguage Packsから、日本語用のja.xpiファイルを落とす。
  2. このja.xpiファイルはアドオン(拡張機能)扱いなので、そのままインストール。
  3. Cyberfoxのメニューから[Options]→[About:Config]を選ぶ。
  4. 動作保証外の警告が出ても、構わず[I’ll be careful, I promise!]で先に進む。
  5. 検索ボックスで「general.useragent.locale」を検索。項目をクリックすれば編集できるので、[en-US]を[ja-JP]に書き換える。
  6. 同様に「intl.accept_languages」を検索し、[en-us, en]を[ja, en-us, en]に書き換える。
  7. Cyberfoxを再起動。めでたく日本語化!
参考サイト

 さて、使用感は。
 いいですね。悪くない。
 アドオンの中には再起動を要求するものもありますが、その再起動が一瞬で、驚いたの何の(^^;;
 Firefoxベースらしいなと思ったのは、htmlの表示が、Chrome系ブラウザやIEよりシビアなこと。
 画像リンクURLの [/] を [\] に打ちミスしている箇所では、画像が表示されず、「あれ?」。よく見ると、URLが間違っていて。とっても親切なChrome系ブラウザやIEだと、「間違いを直しておいてあげるからね」とばかりに、問題なく表示されちゃうんですよね。
 どちらがいいのかは意見も分かれるでしょうが、個人的には「ダメなものはダメ」と言ってくれたほうがベター。

 ちょっと困ったのは、検索エンジンに好きなサイトを登録できないこと。
 Firefox:日本語版には様々な(日本の)サイトが最初から同梱されているようですが、Cyberfoxの場合、英語圏のサイトしかデフォルトでは登録されていないわけで。かといってFirefoxの仕様から、アドオンを使わなければ自分で勝手に登録することはできない。
 なんという不便さ。これまたFirefoxらしい、融通の利かなさとでもいいますか。
 こーゆー頭の硬すぎる面が性に合わず、かつてFirefoxからOperaに乗り換えた自分だったり。ものすごーく久々の「出戻り」です(苦笑)。

 *(追記訂正)

 xmlで検索エンジンの定義ファイルを作れば、手動で好きな検索エンジンを登録できますね。
 数が多いと面倒なので、プラグインで可能ならそのほうが楽ですけれど…。

 (追記ここまで)

 Cyberfox画面
 【↑ 画面右上、ナビゲーションツールバーの赤く囲んだ部分はイマイチ。アイコンの表示間隔が広すぎて、アドオン類が増えるにつれ、左側のURL欄や検索窓が小さくなってしまう。 [ カスタマイズ ] で [ 小さいアイコンを使用 ] にチェックを入れれば凝縮されるものの、今度は下のブックマークツールバーの間隔が狭くなりすぎて、どっちもどっち…】

 なわけで、Cyberfox自体には、これと言って不満がないんですよ。「何がいい」より、「何も悪くない」ほうが重要。
 他がね、「何かが悪い」ブラウザばかりだから(苦笑)。
 とりあえず、しばらく使ってみることにします。
 問題がなければCyberfoxをメインに、Opera Nextがサブという体制ですかね。

 *追記

 新規タブを開いた際は、デフォルトだと空白のページが表示されます。これを、任意のページに変更する方法を覚え書きメモ。

  1. URL欄に [about:config] を打ち込み、設定一覧画面に。
  2. 検索欄に [browser.newtab.url] を打ち込み、表示された項目で右クリック。[値を変更] を選び、入力欄に好きなURLを入力。
  3. デフォルトの [about:newtab] を [about:home] に変更すれば、ホームページに設定しているページが新規タブで開くようになる。自分はこれで、[Cyberfoxスタートページ] が開くようにしました。

 ついでに。デフォルトでは、新規タブにサムネイル(よく訪問するサイト)が表示されます。
 個人的にはウザいこの機能も、[about:config] で [browser.newtabpage.enabled] の値を [false] に変更すれば無効化できます。


 *インストールしたアドオン(拡張機能)を、自分用に覚え書きメモ。

  Check  拍手する

ブラウザ Comodo Dragonが不調

2014年5月02日 - Posted by reibo - Inside [PC] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
02 5月.

 ここしばらくのブラウザは、いろいろと不満はあるもののComodo Dragonを使い続けてきました。
 (参照:ブラウザをComodo Dragonに変えてみた/2013.04.22の日記)

 が、最新版の33.0にアップデートされると、我慢できない状況に…。
 いちばんの問題は、リンクにマウスを合わせると表示されるはずのURL(リンク先)が、ポップアップしなくなる現象。起動直後は問題ないけれど、使っているうちに、いつの間にか出なくなってしまう。再起動すれば元に戻るものの、しばらくすると再び…の繰り返し。
 めっちゃ、イラつく!

 キャプチャ画面
 【↑ 画面左下の赤く囲んだ部分が、ポップアップしなくなる】

 試しに、いったんアンインストールし、ひとつ前のバージョン:31.1に戻すと、何ら問題なし。やはり、最新バージョン固有の不具合なのか。
 とはいえ旧バージョンを使い続けるのは…。ただでさえ更新がGoogle Chromeより遅いので、セキュリティに不安が。。。
 アップデートではなく、バージョン33.0のクリーンインストールも試してみましたが、やはりダメ。
 というか、公式ダウンロードページから落とすと、もっと古いバージョン29.0がインストールされ、そこから自動アップデートになる仕様は何? 最初から33.0をダウンロードしたい場合は、公式フォーラムから「Comodo Dragon ver 33.0 is now available for download」にアクセスする必要があるんですね。
 旧バージョンも、「Comodo Dragon ver **.* is now available for download」で簡単に落とせるのはいいんですが。

 以前に比べると更新も停滞気味だし、そろそろ潮時なのかなぁ。
 思い切って、他のブラウザに乗り換えてみますか。
 Chrome系はOpera Nextも入っているので、もういいや。となれば、Firefoxしかないのですが。。。
 いや、それはちょっと。

 再インストール時に面倒だったので、入れてあるエクステンション(拡張機能)を自分用の覚え書きとしてメモ。

 *Opera Next用

  Check  拍手する

System Event Notification Service

2014年2月07日 - Posted by reibo - Inside [PC] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
07 2月.

 Windowsのトラブルとは、いつも突然やってくるわけで。
 Windows7(Home Premium/64bit)を起動すると、
 「System Event Notification Service サービスに接続できませんでした。」
 というエラーメッセージが。いや、こんなメッセージは初めて見た…。
 調べてみても、この件に関する情報は意外なほど少ないんですね。それだけ、滅多に起きないということなのかしらん。
 とりあえず、対処法を忘れないようにメモ。

  1. Windowsをセーフモードで再起動する。 (管理者権限があるユーザーアカウントで)
  2. コマンドプロンプトを起動する。
    • Windows7の場合は、スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」ボックスに「cmd」と入力し、メニューに表示された「cmd.exe」をクリックする。
  3. コマンドプロンプトで「netsh winsock reset」を実行する。
  4. Windowsの再起動を促されるので、従って再起動する。

 ウチの場合は、これで解決しました。
 他のケースとして、Windowsは正常に起動していながらブラウザでウェブページが見られないなど、設定を見直したにもかかわらずネットワークに接続できない場合も、この「netsh winsock reset」実行で解決できることがあるそうな。
 また、ルーター設定は正常なのにIPアドレスが取得できなくなった場合なども、同様だとか。

 要は、ネットワーク(TCP/IP)に接続できず、Windowsファイル共有にアクセスすることもできなくなってしまう状況なわけですね。
 ここしばらく、DLNA上で当該マシンが見えなくなる現象がちょくちょく発生していたのも、これが原因だったのだろうか。

  Check  拍手する

UQ WiMAXのモバイルルーターをお試し

2013年6月01日 - Posted by reibo - Inside [PC] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
01 6月.

 沖縄への旅に備えて、UQ WiMAXのモバイルルーターを試してみました。「15日間、無料でお試し」というTry WiMAXレンタルで。
 当初は、LAN環境がない宿泊先に泊まる可能性大=モバイルルーターが必要という考えだったんですけれどね。諸般の事情から旅の日程が短縮され、LAN環境がない宿泊先を利用する機会はありませんでした。なので、旅先のあちこちでちょろちょろ試しただけ。本当は、宿泊先で思い切り使い倒してのテストをしたかったんですが(^^;;
 届いたルーターは、URoad-8000。最新モデルではないけれど、思い立っての急な申し込みだったため、これしか借りられなかったのです。

 URoad-8000と煙草
 【↑ 大きさ比較のため、タバコ&ライターと並べてみた】

 自宅で試したところ、電波の受信は問題なし。
 が、旅に持ち出す予定のノートPC(Let’s note CF-R3D)では、内蔵の無線LANと接続できない。。。なんでだー?
 UQ WiMAXのサポートに連絡してみても、原因不明で要領を得ない。届いたルーターを交換してくれると言われたものの、そんなことしていたら旅立ちに間に合わない。
 で、試しにPSPに接続してみると、問題なし。んん? よく見ると、無線LANのチャンネルが「13」になっている。
 「あ、これは…」と、CF-R3Dのスペックを調べてみれば、やっぱり。古い機種なので、無線LANチャンネルが「11」までしか対応していない…。ひとつ後のモデルから、「13」まで対応するようになったらしい。。
 URoad-8000は、デフォルトでチャンネル「13」しか選んでくれないんですね。デフォルトのチャンネル設定を変更することはできても、そのためには無線LAN接続で本体にアクセスしなければならない。もう1台のノートPCも古くてチャンネル「11」までしか使えず、他にPSPしか無線LAN機器がない現状では、どうしようもない。。。

 なわけで仕方なく、「すぐに買えて、もっとも安価な」USBの無線LAN子機、BUFFALO:WLI-UC-GNMを購入。メルコの機器に信頼感はないのだけれど、こんなもんは大丈夫でしょ。ヨドバシドットコムにて、820円。
 当日配送で届いたWLI-UC-GNMを、CF-R3DのUSB経由で接続することは問題なし。URoad-8000にアクセスし、デフォルト設定チャンネルを「11」に変更すれば、CF-R3Dの内蔵無線LANでも接続OKに。ふー、長い道のりだった(苦笑)。

 WLI-UC-GNM WLI-UC-GNMとURoad-8000
 【↑ (右)ライターの上にある小さな物体が、WLI-UC-GNM。小さすぎて、紛失しそう】

 WLI-UC-GNMは、評判通り、使用しているうちに触れないほど熱くなります。これがHDDなら、熱暴走で確実に壊れる(苦笑)。
 ま、そんなもんでしょ。820円だし(^^;;
 肝心のURoad-8000とUQ WiMAXは、沖縄本島のあちこちで「予想以上に使える」という印象を抱きました。北部の辺鄙なエリアを中心に動きつつ、「こんなところで繋がるんだ」と思うこともしばしばだったので。狭い沖縄でフツーに使うなら、本州と同じような感覚で大丈夫そうです。
 これが北海道だと、エリアマップを見ただけで使い物にならないことは明白ですが。
 北海道のキャンプツーリングで使えるなら、お試しじゃなく正式に契約してもいいのになぁ…。

 BUFFALO 無線LAN子機 コンパクトモデル 11n技術・11g/b対応 WLI-UC-GNM  【← amazonでWLI-UC-GNMを見る】

  Check  拍手する