Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

またまた空気清浄機

2008年4月02日 - Posted by reibo - Inside [Diary] 花粉症   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
02 4月.

 我が家に4台目の空気清浄機が。。(^^;;
 またもサンヨーで、ABC-HP14(2003年9月発売)のジョーシン用オリジナルモデル:ABC-P3V6というシロモノ。
 その未使用品を見つけたので、3,000円ほどで購入。

 ベースのABC-HP14とはデザインもかなり異なっていて、知らなきゃ兄弟機種だとは気づかないかも。。
 機能面では同機種のマイナスイオン発生装置とパネルスライド機能が削られていて、コストダウン製品的な兄弟機と言えるかも。同機の《花粉モード》がない代わりに《煙ターボ》というモードがあるけれど、こちらは名称が違うだけで同じ動作をすると思われ。

 ABC-P3V6 ABC-P3V6のフィルター ABC-P3V6のフィルターを外す
【↑ フィルターは、集塵HEPAと脱臭フィルターが別のタイプ。薄い脱臭フィルターをあてがい、上からHEPAで押さえ込むという超原始的なスタイル(笑)。最近のフィルターは一体型で、周囲にも箱形の枠が付いてハメやすくなってます】

Read the rest of this entry »

  Check  拍手する

加湿器のフィルター交換、その2

2008年3月19日 - Posted by reibo - Inside [Diary] 花粉症   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
19 3月.

 加湿器(ダイニチ:HD-5004)の、抗菌・消臭シート(品番:H090010、価格:577円)とアレルバリアフィルター(品番:H060309、価格:525円)を交換。
 先日の抗菌気化フィルター同様(「2008.02.07/加湿器のフィルター交換」参照)、メーカー直営のダイニチWebShopにて注文し、翌々日には受領。今回は紙のようなフィルター2枚なので、紙封筒に入れられた普通郵便で届きました。
 届いた新品と比べてみると、両フィルターがいかに汚れていたかがわかる。。。

 新旧フィルター【← 上が使用済み、下が新品】

【← 抗菌・消臭シートを探す】  【← アレルバリアフィルターを探す】

  Check  拍手する

3台目の空気清浄機

2008年3月09日 - Posted by reibo - Inside [Diary] 花粉症   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
09 3月.

 花粉飛散のピークが訪れる…と言われつつ、なかなかそのピークにならない東京。
 日増しに花粉が増しているのは感じるけれど、ただでさえ遅い飛散となっている今年は、なかなかそれが「一気に!」とならない。それはそれでイラっとするんですよねぇ(苦笑)。その分、飛散終了の時期も遅くなるわけで。。。
 で、いよいよピークかと思われる時期を迎えるにあたり、3台目の空気清浄機を購入してしまいまつた(^^;;
 たまたま立ち寄ったコジマで見つけた、サンヨー:ABC-A16。週末特価で6,880円は、かなり安いんだもの。会員カードをピッとやると出てくる(抽選の)クーポン割引は100円だったので、6,780円にてゲット。
 他にも日立のEP-BZ30が週末特価7,280円になっていて、ちょっと迷う。リモコン付きだけれど、この程度の売価はけっこうありそうだし。。。また、適用床面積は15畳までで、最大風量は3.2立方メートル/分(50Hz地帯)。西日本の60Hz地帯なら風量が3.4に…。うーん、今どき50/60Hz地帯で性能が変わる家電製品って、どうなのよ(苦笑)。
 いっぽう、ABC-A16のほうは16畳までで、最大風量も3.6立方メートル/分。リモコンはないけれど、パワー差は明らか。50/60Hz地帯でも性能が変わらない=インバーター内蔵=それだけ製造コストがかかってる、ということでは? どう考えてもこちらのほうが“上位機種”っぽいし、この売価はなかなか見かけないということもあって、決定。

 しかし、素朴な疑問。
 同機種のメーカーサイトや取扱説明書を見ても、どこにも「インバーター制御」とは書かれていないんだよなぁ。たいていのメーカーは「インバーター制御で電気代もお安く!」とか宣伝してるのに。
 それとも、電源周波数によって性能が変わらないインバーター制御と、電気代が安いインバーター制御は違うものなの?
 や、その前に、電源周波数の違いによって性能が変わらない=インバーター制御、という考え方が間違ってる? んー、、よくわからん。。。

 SANYO 空気清浄機 適用床面積16畳 (ホワイト) ABC-A16(W)  日立 PM2.5対応空気清浄機(空清15畳まで ホワイト)HITACHI クリエア EP-JZ30-W  
【↑ (左)ABC-A16 (中)日立の後継機:EP-JZ30 (右)EP-JZ30を楽天市場で探す】

 ちなみに、部屋には既に、18畳クラス(最大風量3.8)でHEPA(ULPA)フィルター、インバーター制御の空気清浄機が2台(富士通ゼネラル:ACS-18HD、東芝:CAF-38U1)あります。いずれも型落ちを特価品として購入したモノですが(^^;;
 その他に、トイレ+洗面所に置いたり、その都度、使用場所を移動できるような軽量コンパクトのモデルが1台欲しいなとは思っていたので。そうした用途ならリモコンは必要ないし、むしろ邪魔?
 これより小さい、安価な空気清浄機は、実際にはほとんど役に立たないでしょうからね。その意味では、このクラスがもっとも小型で安価なものかと。
 それと、CAF-38U1と比べてどうかな? という面もあって。CAF-38U1は東芝らしい親切設計とでも言うか、風量を切り替えてすぐはMAX運転するものの、10秒ぐらいすると風量がガクンと落ちるんですよねぇ。。おかげで静音&省エネ設計にはなっているものの、スペック上は同じはずのACS-18HDに比べ、明らかに花粉を取ってくれない!んですわ(T_T) 愚直なまでにフル稼働するACS-18HDのほうが、花粉症対策には嬉しいのです。めっちゃウルサいけど。。
 で、ABC-A16の梱包を開けてみたら…小型の安物はそれなりなんだなぁと実感。フィルターが小さいだけじゃなく、薄い…。。なんかオモチャみたい。。。メイン機種には使えないわ、やっぱ。おとなしく洗面所に置こうっと。

 まぁ、所詮は空気清浄機。内部に扇風機のようなファンがあって回転しているだけの、単純明快なメカですからね。そんなものに何万円も出すぐらいなら、小〜中型の特価品を探して複数台置いたほうが、効果大だと思うので。
 そもそも、メーカーパンフレットにあるような、障害物が何もないだだっ広い部屋に置くわけじゃないですからね。いくら高価&大型で風量がデカい空気清浄機を置いても、部屋の隅々まで空気の対流を起こせなければ無意味だもの。
 空気清浄機って、部屋のどこに、どちらに向けて置くかで効果がかなり変わりますからね。

Read the rest of this entry »

  Check  拍手する

加湿器のフィルター交換

2008年2月07日 - Posted by reibo - Inside [Diary] 花粉症   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
07 2月.

 花粉シーズン到来に備え、加湿器(ダイニチ:HD-5004)の抗菌気化フィルター、H060502を交換。
 フィルターは使っていると黒ずみ、乾燥してパリパリになってくるんですね。そうなると加湿効果が目に見えて落ちる(^^;; 最近は、洗っても加湿効果が落ちるまでのサイクルが早くなってきて、そろそろ限界かなぁと。
 売価は定価でも送料が無料ということで、注文はメーカー直営のダイニチWebShopで。1,680円。
 注文後に発送・受領日の指定をお願いしたら、その通りに送られてきました。
 このダイニチWebShop。支払い方法がちょっと変わっていて、金額が2,110円未満の場合は郵便振替か銀行振込で、郵便振替の場合は商品に振替用紙が同封されてくる仕組み。つまり後払いですね。しかも振替手数料は無料(受取人負担)。メーカー直営らしい、良心的なシステムだと思います。
 大手家電メーカーの交換用品と違い、家電量販店に行っても店頭在庫はなく、注文扱いになるケースがほとんどですからね。その代わり、商品価格以外はユーザーに負担をかけないという考え方なのでしょう。製品自体の3年保証といい、好感の持てるメーカー姿勢ではないでそか。
 ただ、金額が2,100円以上になると、代引きしか選べないんですよね。代引き手数料は不要で、佐川急便e-コレクトでカード払いも可能なわけですが、代引きって面倒なので。。自分が不在で受け取りを家人に頼むにしても、なんかトラブルがあるとイヤだし。
 でも、抗菌気化フィルターと、同様に消耗品の抗菌・消臭シート(H090010/¥577)を注文すると、この2,100円を超えてしまう。
 なので今回は抗菌気化フィルターだけにしました。また別の機会に抗菌・消臭シートだけを注文すればいいかと。¥577のものを送料無料で送ってもらうのも、なんか申し訳ないんですけれど。。

 【←楽天市場で抗菌気化フィルターH060502を探す】

  Check  拍手する

スギ花粉が10年後に2割減少?

2007年8月31日 - Posted by reibo - Inside [Diary] 花粉症   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
31 8月.

 林野庁が、首都圏や近畿圏へのスギ花粉大量飛散に影響を与える発生源として、群馬・埼玉・神奈川・東京・静岡・兵庫・京都・和歌山など約9万5,000haのスギ林を重点区域に指定したそうな。
 今ひとつわかりにくいのですが、発表された内容と報道を交えると…。

  • 今後の10年間で、少花粉スギの造林や抜き伐りなどにより、飛散に「影響大」なスギ林が5割減少する。
  • 首都圏等への花粉飛散量も、2割減少する。

 やろうとしていることは認めるものの、具体的な効果のほどは? 中途半端な施策で、税金の無駄遣いにならなければいいのですが。
 てか、何を今さら。対応が遅すぎ。
 今回の発表を行った《花粉発生源対策プロジェクトチーム》にしても、同庁に発足したのは今年4月のこと。これだけでも、「エー! 今まで何もやっていなかったの!?」だもの(苦笑)。
 花粉症が国民病にまでなってしまった最大要因は、戦後の無策な植林事業にあります。その責任を、放置してきたんですからねぇ。

関連記事
  • スギ花粉、10年後に2割削減=首都圏・近畿圏への発生源特定−林野庁 (2007.08.31/時事通信)
    (旧リンク先=http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2007083100984)
  Check  拍手する