Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

バイク駐禁

2008年8月28日 - Posted by reibo - Inside [Bike] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
28 8月.

 道交法改正以来、初めてバイクで駐禁を切られたのが8月7日のこと。
 悪名高き監視員の仕業でつ。つまり、通報ではないらしい。
 その現場は半径数km、少なくとも徒歩20分以内の圏内にはまったく駐輪場がないエリアで、公開されている「取り締まり活動ガイドライン」でも重点区域に指定されていないところ。さらに、所轄同士の管轄境界線から20メートルも離れていない、管轄の端っこ。
 何が何でも点数を稼ぐ体質なんでしょうねぇ。>原宿署

 で、そのまま放っておいたところ、21日後の28日になって、納付書と弁明通知書なる書類が届きました。

 放置車両標章 弁明通知書
 【↑ (左)違反時に貼られた放置車両標章 (右)後日に送られてきた弁明通知書】

 金額は9,000円。(二輪車なので。普通車の場合は15,000円)
 つまり、「放置駐車違反(駐車禁止場所等)」ですね (放置違反金の金額は、当該駐車違反の反則金と同じ) 。
 また、納付書の「納付内容」欄には、「仮放置違反金」とある。
 なるほど、これが噂の。。。

 違反時に貼られた「お知らせ」には、

 「後で《放置違反金》の支払い書類が送られてくるから待ってろよ、ごるぁ」
 「運転者が警察に来て《反則金》を払ってもいいよ。そしたら点数も付加されるぞ」

 てな二種類のことが書かれているわけです。
 ここで警察に行って《反則金》を払うと、従来の駐禁と同じで、違反点数も付加されると。
 でも、放置していたなら…
 「運転者が特定できないから車両の所有者に罰金を科すぞ」
 てなわけで、《放置違反金》を支払うようにとの、今回のような通知が送られてくるんですね。その代わり(?)、違反点数は付加されないらしい。つまり、(免許証の上では)無事故無違反のまんまなのである。なんかヘンだ。
 ヘンだけれど、そっちのほうがマシだ。
 改正道交法で言われる「飴と鞭」を、初体験。。。

 ちなみに納付書は、従来の窓口でなきゃ納付できないやつとは異なるもの。Pay-easy(ペイジー)という送金システムにも対応していて、金融機関のATMからも送金できるらしい。初めて使うものなので、ちょっと調べてみたら…。
 確かにATMから送金できるものの、銀行の場合、現金での送金は窓口が開いている時間帯のみ可能。つまり、15時まで。窓口の順番を待つ必要がないだけで、利便性は大して変わらないじゃんorz。
 なので郵便局に行ってみたところ、夜間でも問題なく送金できましたとさ。

  Check  拍手する

ワイヤーロック故障、交換

2006年6月12日 - Posted by reibo - Inside [Bike] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
12 6月.

 RV125JPに乗り始めると同時に購入したワイヤーロック(ワイズギア:インターセプターS2015)が、故障。
 シリンダー部を覆う回転式ダストカバーがこの製品のポイントなのですが、しばらく前から調子が今ひとつだったんですよね。回転の具合が悪く、カバー部がキーシリンダーを半分ほど覆ったままで動かなくなってしまったり…。つまり、キーが刺せない。この状況が完全に悪化し、10回ぐらい回し直さないと定位置に収まってくれないという。
 定価で5,460円もする製品なのに、使用半年でこれかよ、ポンコツだなぁ。。。仕方ない、買い換えるかと思いきや、たまたま残っていたパッケージをよく見れば。保証書がついていて、期間は1年間。なんだ、保証期間内じゃないか。
 ワイズギアに連絡してみると、該当品を送ってもらえれば検証し、症状が認められれば新品交換してくれるとのこと。保証書を添付しろとは言われなかったので、けっこうアバウト?
 で、めでたく交換に。よくわからないノーブランド品とは、こうした面で差が出るわけですね。

 ちなみに新モデルでは、今回壊れた回転式ダストカバー部が「シャッター式ダストカバー」仕様に変更されているようです。
 具体的にどう変わったのはよくわかりませんが、やはり、不具合が多かったのでしょうか?

  Check  拍手する

バイク不調

2005年12月10日 - Posted by reibo - Inside [Bike] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
10 12月.

 およそ時速80kmになるとエンジンがストールしてしまう。
 マフラー周辺、エンジンからの異音などもあり、ちゃんと診てもらおうと、いつものバイク屋ではなくホンダの系列店に持ち込んでみる。

 結果。
 ミッション不良、スタートギア不良、オイルポンプ不良、クランクベアリング不良が発覚。ボロボロやん(T_T)
 エンジンストール原因は不明だが、おそらくミッションの影響なのか…。スタート時や停止時に発するガリッという音はスタートギア。エンジンの異音はクランクベアリング。マフラーの異音は、おそらくメットイン下の鉄製カバーからのビビリ音。。。
 バイク屋からも「これ以上の修理費をかけても…」と言われてしまい、とりあえず「これでよくエンジンが焼き付かなかったですねー」と言われたオイルポンプだけ修理。各部チェックの工賃もあって、¥8,820也。
 うーん。夏前に換装したOH済エンジンがポンコツだったということか…やっぱヤフオクものはダメだなぁ。

 時速70kmぐらいまでなら、音がうるさいものの乗れてはいる現状。さて、どうするか。。。

  Check  拍手する

大型タイプ風防&スペイシー100

2005年11月10日 - Posted by reibo - Inside [Bike] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
10 11月.

 そろそろ寒くなってきたので、リードにオヤジ仕様の風防(笑)を取り付け。前から欲しかった、グリップ部分まで伸びた大型タイプ(ホンダ純正)を入手したので装着してみたけれど…思ったほど、手の部分が寒くなくならない(苦笑)。このテのタイプの風防は見かけなくなったけれど、リード90用までしか販売されなかっただろーか?
 ハンドル周りとヘッドライトカバーとの立て付けが悪くなり、振動でガタガタ…とうるさくて仕方ない。緩衝材をかませて…と、なかなかハマらない。力を入れてねじ込もうとしたら、ツメが割れてしまった(T_T)
 エンジン部からカラカラカラ…と異音がする。と思ったら、マフラーだった。メットイン下の部分、メットインが熱くなりすぎないように付けられている鉄カバーを、エキゾーストパイプに取り付けている部分から異音がしているよう。試しに手で押さえてみると、音がしなくなる。が、ひび割れはしていないし、ネジを締め直してダメなので、修復する手がないぞ(困)。

 バイク屋にスペイシー100があったので、ちょっと試乗させてもらう。
 さすが4ストだけあって静か。
 さすが4ストだけあってスムーズに加速していくけれど、面白くも何ともない(苦笑)。50ccの原チャのような感覚だなー。
 にしても、あの段差のあるシートは何とかならないのだろーか。背の高い人間にとっては、ポジションが窮屈で仕方ない。リード(90or100)なら50のシートに交換してしまえば良かったのだけれど、50のないスペイシーではそれも無理。
 また、噂通りメットインは超狭。フルフェイス1個がやっとの大きさで、あれではバッグすらまともに積めないじゃん。使い物にならないね。メーター周りも50原チャ以下の安っぽさで、いかにも“中国製コストダウンの産物”バイクですねぇ。リード100より数万円安くなっているだけのことはあります(苦笑)。却下。

  Check  拍手する

エンジンストップ

2005年9月15日 - Posted by reibo - Inside [Bike] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
15 9月.

 帰宅を急ぎ、深夜の環七をリードで疾走(苦笑)していると…246を北に向かって越えたあたりで、突然エンジンがストール。100km/h近い速度でクルマが追い抜いていく状況下、!?と、ちょっとしたパニック状態に。。。
 セルでエンジンは息を吹き返したものの、またすぐに動きが重くなり、速度も30km/h程度しか出ない状態に。立体交差がいくつも続く自動車専用道のようになっている箇所のため、歩道や測道に逃れることもできず、何とか立体交差が終わるまで走ってくれ…と思ったものの、ついに再ストップ。測道が合流してくる数百メートル先まで、押していくしかない。。。道幅は2車線ギリギリで、両側は側壁。時速100km/hでクルマに突っ込まれたら…と、生きた心地がしなかったですねぇ。よりによって、何でこんなところで…。
 何とか測道が合流してくるところまでたどり着き、バイクは歩道に置き去りに。
 翌日、バイク屋にピックアップを頼むことにして、タクシーで帰宅(T_T)

 原因はリードバルブの不良。
 手修正で直ったようで、焼き付きなどの大事でなくて良かった。。。ふぅ。

  Check  拍手する