Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

SeagateにRMA申請・その2(受領編)

2014年10月09日 - Posted by reibo - Inside [PC] PC   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
09 10月.

 SeagateにRMA申請・その1(申請・発送編)からの続き。

 さて、届いた荷物は意外に小さな段ボール箱がひとつ。
 中には、代替品HDDが2台入っていました。RMA申請や発送は2台別々でも、代替品は2台一緒に送られてくるのね。梱包材を見る限り、5台までは同じ荷物で発送してくるのでしょう。

 RMA代替品HDD RMA代替品HDD_2
 【↑ (左)段ボール箱を開けて真上から見た図 (右)上部の蓋を外すと、HDDが2台】

 RMA代替品HDD_3 RMA代替品HDD_4
 【↑ (左)梱包材はプラスチック製。華奢に見えて、意外なほどガッチリ固定されているためHDDが動くことはない。次回RMA申請時に再利用できるので、箱と合わせて捨てずに保管しておく。「次回」がないことを願いますが…】

 RMA申請したST3000DM001-1CH166、ST4000DM000とも現行製品なので、代替品も同じ製品が送られてきました。

  • ST3000DM001
    • (旧)1CH166-300/FW:CC24/Product of:China
    • (新)1CH166-572/FW:CC46/Product of:China
  • ST4000DM000
    • (旧)1F2168-300/FW:CC52/Product of:Thailand
    • (新)1F2168-568/FW:CC54/Product of:China

 どちらも中国製なのが、何となく「外れ」感を漂わせていたり(苦笑)。
 ファームウェアのバージョンが上がっているので、安定感が増したと信じませう。

 RMA代替品HDD_5 RMA代替品HDD_6
 【↑ HDDのラベルを見れば、一目でRMA代替品だとわかる(苦笑)。なぜか、ST3000DM001は「Recertified Product」、ST4000DM000は「Certified Repaired HDD」と名称が異なる】

 とりあえず、回転数が高く発熱も大きいST3000DM001は予備として保管し、ST4000DM000のほうをサーバー機に組み込んで稼働。当然ですが問題なし。これでサーバーはHDD全6台中、システムドライブ兼用の2TBを除く5台が4TBで統一されたことに。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*