Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

DSC-RX100、死亡

2013年7月06日 - Posted by reibo - Inside [Diary] Photo/Camera   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
06 7月.

 購入したばかりで北海道キャンプツーリングに持ち出したコンデジ、SONY:DSC-RX100ですが。
 旅立ちから10日目(実使用は7日ほど)を迎えたこの日、あまりにも早すぎる死亡フラグが立ち、お亡くなりになりました(号泣)。

 道南の秘湯、銀婚湯温泉に立ち寄った際のこと。
 カメラはポーチに入れ、腰のベルトに付けていました。トイレでベルトを外したところ、ポーチからカメラがスルッと抜け落ち、運悪く便器の流し口に真っ直ぐ…ポシャンっ。。。「あっ!」と思う間もなく水没し、鏡胴が伸びた状態で不動に。
 ドライヤーで乾かすなど手を尽くしたものの、動く気配は皆無。
 旅から帰宅後、サービステーション入りとなりました。

 腰のベルトポーチにコンパクトカメラという旅スタイルは、銀塩時代から長年続けてきたものなんですけれどね。こんな失態は初めて。
 DSC-RX100のスマートすぎる形状とツルツルした表面処理が、裏目に出るとは…。

 後日、修理見積もりが出ました。72,000円。
 内部腐食や異物混入が基盤全体からCCD、液晶にまで広がり、広範囲に部品交換となるとか。
 「新規購入より高くついてしまいますので、修理なさらないほうが…」
 はい(T_T)
 とはいえ、買い直せば10万円のコンデジになってしまう。
 どっちにしても、無理だ…。当面は旅に出る予定もないし、しばらくはP5000を使い続けるしかないか。。。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*