Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

HDD交換 (と、LightScrib)

2008年11月27日 - Posted by reibo - Inside [PC] PC   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 11月.

 しばらく前から、メインドライブに使用していたHDD(Western Digital:WD3200AAKS)が不調で、いきなり認識されなくなってしまうトラブルが頻発。起動中に認識不能となって強制リセットを繰り返したり、電源を投入した途端に「システムがないよ」とのエラーメッセージで起動不能だったり。
 BIOSでも認識されていないのだから、どうしようもない。
 電源接続部のイジイジコネコネで復活することもわかってきて、今度はその繰り返し。電源ケーブルやS-ATAコネクタを変えても症状は同じなので、仕方なく販売店(パソコン工房)に持ち込み、メーカーチェックへ。
 こーゆーときは、バルク品ドライブでも1年保証してくれるショップが有り難いです。別ドライブにOSを再インストールし、同じケーブルで接続してみたところ問題は発生しないので、やはりHDDの問題なのか。。。
 1ヶ月後、メーカーチェックに時間がかかっているので、ショップの判断で新品と交換してくれるという連絡が。良い対応です。

 で、ここからが本題。と言うか、自分用の覚え書き(^^;;
 交換されたHDDに、Windowsの再インストールをしこしこ。
 Neroもインストールしておかなきゃと、以前のASUSのドライブに付いてきたNero 7 Essentialsを入れる。再起動すると、タスクバーに見慣れない常駐ランチャーが。。。lightScrib
 ん、何だっけ、これ?

 ディスクに直接ラベルをレーザーエッチングするディスクラベルテクノロジ

 要は、「プリンタを使わず、DVDドライブだけでメディアのレーベル面に文字や画像などを直接書き込む機能」だとか。
 便利そうだけれど、現在のドライブには対応していないし、そもそも対応ドライブが少なすぎる。

 なのでアンインストールしようにも、アンインストーラーは付属しないし、コントロールパネルのプログラム一覧にも表示されない。
 ううむ。そう言えば、以前にも同じことで悩んだ記憶が…。
 調べてみると、こいつがインストールされているフォルダ [ c:¥program files¥common files¥lightscribe ] の実行ファイル [ LS_HSI.msi ] を、右クリックすることでアンインストールできるらしい。
 これで無事にアンインストールできましたが、こーゆー厄介な仕様は勘弁してよ。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*