Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

サッカーW杯アジア最終予選

2008年6月27日 - Posted by reibo - Inside [Sports] Soccer   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 6月.

 サッカーW杯アジア最終予選の組み合わせが発表に。
 3次予選の結果がまったく反映されないという抽選方法は、幸なのか不幸なのか。。。
 ちなみに抽選方法は、前回のW杯本大会の成績を元に、成績最上位の韓国&オーストラリアをポット1、3番目のイランと4番目の日本orサウジアラビアをポット2、日本orサウジアラビアの5番目になったほうをポット3とし、それぞれ同ポットのチームは同組にならないというシステム。日本orサウジアラビアの4&5番手は事前抽選により、日本が4番手に。
 結果。ポット2になったことでイランと別組になり、さらにポット3のサウジアラビアとも別組に。韓国orオーストラリアと同組になることは決まっていたわけで、そうなると。。。
 サウジアラビアとバーレーン、相手としてどちらが良かったかはビミョーな気も。3次予選での戦いからして、バーレーンのほうに苦手意識はないでしょうし。むしろ、「ジャパンと同組だ、ラッキー♪」とぐらい思っているかも。日本では「恵まれたA組」などと報道されているけれど、それは他国にしても同じわけで。
 体格や高さがアジアレベルじゃないオーストラリアは、サウジアラビアより、身体能力で勝負できる日本に相性がいいはず。
 ウズベキスタンにしても同じ。日本って、中央アジアの各国に対する認識が甘いというか、薄いんですよねぇ。中東的要素を加味した欧州型サッカーは強力だし、体格も東アジアより優位なことを考えれば、向こうもサウジアラビアより日本で良かった…と思っているだろーに。旧ソ連崩壊の後、W杯出場のためにプライドを捨て、敢えて欧州でなくアジアサッカー協会に加盟した国ですから。その長期強化計画が、ここにきて着実に実を結びつつある。
 さらにカタールにいたっては、未だに勝ったことがない相手(5戦3分2敗)。カタールからすれば、負けたことのない安パイが相手だということでしょ。しかも、3次予選でオーストラリア、イラク、中国と同組という“死の組”に入りながら、生き残ってきたチームですから。日本の3次予選は、他組に比べてかなり恵まれた組だったことを忘れちゃいけない。

 最終予選は2位に入れば自動的に出場権を得られ、3位同士はプレーオフを行い、その勝者がオセアニア地区代表との出場決定戦に。つまり、アジア枠は4.5枠。
 現状を冷静に考えると、3位争いの可能性が濃厚なんじゃないかと…。
 「A組で恵まれた」わけじゃないんですよね。
 「上位3国が強固で、残り2チームは全10チーム中9〜10番手の実力=1〜3位はほぼ確定的なB組」
 に比べ、
 「オーストラリアは抜けているけれど、2〜3位の残り1.5枠がどうなるかわからないA組」
 に入っただけ。
 プレーオフ最終戦までの、長い道のりが始まった。。。(苦笑)

W杯アジア最終予選
  • A組  オーストラリア、日本、バーレーン、ウズベキスタン、カタール
  • B組  韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、UAE(アラブ首長国連邦)
  • A組日程
    • 2008.09.06 バーレーンVS日本(A)  カタールVSウズベキスタン
    • 2008.09.10 ウズベキスタンVSオーストラリア  カタールVSバーレーン
    • 2008.10.15 日本VSウズベキスタン(H)  オーストラリアVSカタール
    • 2008.11.19 カタールVS日本(A)  バーレーンVSオーストラリア
    • 2009.02.11 日本VSオーストラリア(H)  ウズベキスタンVSバーレーン
    • 2009.03.28 日本VSバーレーン(H)  ウズベキスタンVSカタール
    • 2009.04.01 オーストラリアVSウズベキスタン  バーレーンVSカタール
    • 2009.06.06 ウズベキスタンVS日本(A)  カタールVSオーストラリア
    • 2009.06.10 日本VSカタール(H)  オーストラリアVSバーレーン
    • 2009.06.17 オーストラリアVS日本(A)  バーレーンVSウズベキスタン
    • *H:ホーム、A:アウェー

 移動距離のことも言われていますが、んなことは最初からわかっていたこと。
 とにかく、最初の3戦が勝負でしょうね。苦手な中東でのアウェー戦が序盤で終わることを、プラスに考えていかないと。ここをいい形で乗り切れれば、光明が見えてくるのでは。
 逆に、終盤までもつれると厳しいですねぇ。最後に過密日程で3試合を行うのは、日本とオーストラリアだけですから。
 疲れ切った最終戦がオーストラリアとのアウェーなのは、何とも言えないところ。オーストラリアは既に出場を決めているだろうと考えれば、むしろアウェーが最終戦なのは良かったとも? とは言え、向こうもホームでヘタな試合はできないでしょうし、引き分けに持ち込むのが精一杯=最終戦での勝ち点3が無理なことを、最初から前提にしておくべき。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*