Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

改正温泉法

2007年4月18日 - Posted by reibo - Inside [Travel] 温泉   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
18 4月.

 18日の参議院本会議で、改正温泉法が成立。
 2005年5月の温泉法の改正施行(温泉法改正/2005.05.24の日記:参照)に続く、大がかりな法改正に。従来の温泉法は施行が1948年で、近年の「どこもかしこも温泉だらけ」な実態にはそぐわなくなっていましたからね。ようやくの改正といった感じです。
 今回の改正温泉法でポイントになりそうなのが、温泉成分の分析と掲示を、10年毎に更新するよう義務づけること。逆に言えば、これまで定期的な更新が定められていなかったこと自体、驚きだとも。
 「もともとは源泉100%利用の温泉だったけれど、枯渇したので、最近は真水を湧かしてます」などといったなんちゃって温泉も、これで「温泉」と名乗れる期間が最長10年になるわけです。
 違反業者に対しては、都道府県が営業許可を取り消す規定と、30万円以下の罰金が定められる予定だとか。
 ただ、それでも抜け道はありそうです。
 例えば、「分析更新をした翌年に源泉が枯渇」 → 「その後、9年間は真水を湧かして温泉と偽る」 → 「10年目までに別源泉を採掘し、従来通りの温泉を名乗る」とか(苦笑)。そんなことを言い出せばキリがないものの、10年などと言わず、数年おきの分析更新でなければ、厳密な意味での不正排除など難しいのでは。
 ただ、そのためには、温泉専門の公的機関でも作らない限りは無理かと。保健所の現場からすれば、ただでさえ膨大な仕事量なのに、これ以上の業務は無理! というのが実状でしょうし。

 実際の施行は今秋からになる見通しで、定期分析の義務付けは2010年1月から。
 まだまだ先の話ではあります。

関連記事
  • 自民党部会が温泉法改正案を了承 成分表示の更新求める (2007.02.20/朝日新聞)
  • 改正温泉法が成立、成分の定期分析を義務付け (2007.04.18/日本経済新聞)
    (旧リンク先=http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070418AT3S1800518042007.html)
  • 改正温泉法が成立 (2007.04.18/時事通信)
    (旧リンク先=http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007041800343)

 最新温泉法で選ぶ宿の本―加温・加水・循環・入浴剤の○×がひと目でわかる! (東日本編)
 【↑ 最新温泉法で選ぶ宿の本―加温・加水・循環・入浴剤の○×がひと目でわかる! (東日本編)

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*