Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

RV125JP 事故

2007年2月13日 - Posted by reibo - Inside [Bike] SYM RV125JP   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
13 2月.

 都内にて事故(T_T)
 場所は山手通りの直線が長く続く4車線区間。
 前方の右折するつもりの交差点で、右折信号が青に。クルマが1台もいない右折レーンでスロットルを開けたところ…交差点の直前、直進車線で停止していたクルマが突然、ウインカーも出さずに右折レーンに入ってきた。おいおい、車線変更禁止区間だぞー…と思いつつ「右折するなら早く行けよ、信号変わっちゃうじゃん」と接近。。。って、そこで止まるか、おい!
 まぁ、確かに、右折信号がちょうど消えるかどうかのタイミングではあったのだけれど…。。。
 こちらは右折する気マンマンだったので止まれず、追突。

 相手は他県ナンバーで、都内の道に迷っていたらしい。。。

 いやもう、その瞬間はスローモーション。よく聞く話ですが、まさにそう。
 「エ、ウソだろ、止まんなよ! 止まれねーじゃん。。。。げ、なんで止まらねーんだよー、、、、ガシャグチャ」
 気づくと路上に倒れてますた。買ったばかりの肩肘脊椎パット入りジャケットを着ていたせいか、ケガはないよう。メットには若干の傷有りなので、追突してバイクが倒れ、横向きに路上に投げ出されたのは確か。


 たまたま通りかかった白バイ警官氏の誘導で歩道へ移動。
 いくら向こうが車線変更禁止区間で突然の車線変更をしてきたとしても、追突したのはこっち。どう贔屓目に見ても2:8、まぁ1:9の過失は免れまい…と、暗ーくなっていたところ…ケガがないなら何もなかったことで良いとのこと。相手の軽自動車はバンパーが凹んでいるぐらい。建設現場で使っている社用車らしく、事故を起こすと面倒なのでダマにしておきたいという雰囲気。。。
 
 まぁ、幸いと言えば幸いなのか…。借りに過失割合が1:9だとして、修理代の1割をもらっても、相手の損害に対する免責額10万円を考えるとねぇ。。。ファミリーバイク特約なので、保険を使っても等級は下がらないけれど。

 さて、改めてバイクを見てみると。
 フロントフェンダーは半壊状態。フロントカウルにもヒビ割れ、欠けた箇所がいくつか。ヘッドライト部分が凹んでいる。倒れた右サイドのアンダーカバーは傷だらけ。タイヤ、ホイール、フロントフォークは無事なようで、フレームまでは至っていない模様。とりあえず自走可能なので、ガムテープで応急処置をして帰りますた。
 バイクを見るなり、「よくこの程度で済んだねー」と、バイク屋さん。電話で伝えておいた状態より悪く、車体は相当な衝撃を受けているよう。「RVって、前方からの衝撃にはけっこう強いんだな」だそう。フロントディスクブレーキが、内側からディスクを挟む形の大口径ディスクになっているため、そこが衝撃を受け止めたんじゃないかとも。カウルやフェンダーの痛みからして、ヤワなバイクならタイヤ&ホイール、フロントフォークまでイッちゃっててもおかしくないとか。

「とにかく止まれなくて…パニックブレーキになると制動が効かねーよ、これ」
「……。これじゃ止まれないって。フロント(ブレーキ)パッド、ないもの。ディスクが削れてる」
「え。」

 丈夫な大口径ディスクの割に、制動力が甘いとは新車時から感じていたのだけれど…。
 うぅ、それでさらに効かなかったのか。。そう言えばパッド、全然チェックしてなかった。フツーに走っている分には、フツーに止まれてしまうもので。もちろん、制動が甘くなってはいたのだろうけれど。。
 また、昨年の九州でコケた際にブレーキレバーが左右とも曲がってしまい、強引に曲げ戻した状態だったんですよねぇ。ノーマル状態よりレバーがやや遠めになっていて、それも制動を甘くさせた要因じゃないかと。

 なわけで、フロントカウル、フェンダー、フロントブレーキパッド、左右ブレーキレバー交換に。見積もり約7万円(T_T)

 写真を撮るのを忘れますた。。。

2007.03.20

 1ヶ月間の長期入院を経て、修理完了。
 一部パーツの入荷に時間がかかったのと、バイク屋の都合で長期に。
 どうせ花粉がひどくて乗る気になれなかったから、いーけど。。。
 修理代、64,869円也。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*