Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

ETC割引

2006年5月12日 - Posted by reibo - Inside [Car] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
12 5月.

 自分用の覚え書きです。

 東京から四国・鳴門までの所要時間、高速道路料金をドラなび:ハイウェイナビゲーターで検索したところ、なぜか、ETC割引料金が中央-名神(~西宮IC)区間しか表示されないんですね。
 おかしいなぁと、東名・中央高速を管理する中日本高速に問い合わせてみれば。旧JH(道路公団)以外の管理道路に関しては、通常料金しか表示できないとのこと。
 つまり今回のケースでは、阪神高速西線(西宮IC−須磨IC)と、本州四国連絡高速(垂水IC−鳴門IC)の両区間が該当すると。
 実際の言い方はもっと丁寧でしたが、要は、「旧JH管理外の道路に関しては、ETC割引を実施しているかどうかもわからないから、勝手に調べてくれ」だそうで。親切なこと。
 で、仕方なく阪神高速のサイトを見てみると、西線は平日深夜でたったの5%割引。てことは、西宮IC-須磨ICの通常500円が、475円に…。なんと割引額は25円。何が買えますかね(苦笑)。
 悪名高き首都高速ですら、平日夜間は20%割引なのに。
 おまけに、路線図を見るためには、DjVu Browserという(他で使った経験がまったくない)プラグインのインストールを強要される。ウザすぎ。この傍若無人ぶりは、ひょっとすると首都高速よりレベルが高いかも(苦笑)。
 気を取り直し、本州四国連絡高速サイトへ。が、またまた唖然。ETCによる時間帯割引は一切なく、一律のETC割引:5.5%だけ。須磨IC-鳴門IC間:5,200円が4,914円になるという、雀の涙ほどの割引。5,000円もの高額通行料を徴収しておきながら、300円に満たない割引額とは。
 いくら大幅赤字とはいえ、他の高速道路と差がありすぎ。余りにもアンバランスでしょ。そもそも、4,914円って半端な額は何なのよ。

 結局、ETC割引をフル活用した場合は以下のように。

  • 中央道(均一区間):300円(早朝夜間割引) *通常:600円
  • 中央~名神(八王子-西宮):7,600円(深夜割引) *通常:10,850円
  • 阪神高速西線(西宮−須磨):475円(平日時間帯割引) *通常:500円
  • 第2神明道路(須磨−垂水):200円 *一般国道なので割引ナシ
  • 神戸淡路鳴門自動車道(垂水−鳴門):4,914円 *通常:5,200円
  • 計:13,489円 *通常:17,350円 (距離:644.8km)

 ちなみに、上記のように東京-鳴門を検索した場合、なぜか中央道均一区間のETC割引が表示されない。
 この件も中日本高速に問い合わせたところ、「なぜだかわかりません…」との返答が。
 あのね。バグじゃん。

 また、東京から徳島への他ルートも調べてみると。
 中央・名神・近畿・阪和・湯浅御坊自動車道経由で、和歌山ICまでETC割引を利用した場合は、8,650円(通常:13,100円/距離:599.6km)。和歌山-徳島間を結ぶ、南海フェリーの航送料金(旅客運賃込み)が9,300円。合計額は17,950円。
 東京-徳島間のオーシャン東九フェリーだと、航送料金(二等旅客運賃込み)が28,300円。
 ガソリン代を考えても、やっぱ陸路を辿るルートがいちばん安いのか…。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*