Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

SYM RV125JPに、乗り換え。

2005年12月26日 - Posted by reibo - Inside [Bike] SYM RV125JP   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
26 12月.

 いよいよリード90の調子が悪くなったこともあり、バイクの乗り換えを検討することに。
 乗り換えにおいて、自分なりの使用環境から決めた条件は…

  • ファミリーバイク特約の使える125cc以下、つまり原付二種。
  • フラットステップであること。冬場の灯油購入に必須(^^;;
  • リードより大柄な車体。片道20〜30kmの往復&甲州街道80km巡航で疲れないこと。
    →100ccクラスでは無理=125ccクラス。
  • メットインが大きいこと。

 となると…候補がほとんどない(T_T)


 国産車だと、唯一の候補がYAMAHAシグナスXなので、まずは地元の販売店を回ってみると…うーん、全てに“まぁまぁ”かなぁ。。。ただ、ステップが狭く、足元が窮屈なのはちょっと…。身長180cmオーバーな人間には、ちと苦しい。
 シグナスには台湾仕様の輸入車もあって、こちらはエンジンがEFI(インジェクション)仕様。価格も国内シグナス若干安い。ま、国内モノも台湾モノも、どちらも台湾製なことには変わりないわけですが(苦笑)。

 次に考えたのが、台湾メーカーのSYMRV125JPKYMCOGRAND DINK 125Z。このテの大型スクータータイプで125ccは、国産にはないカテゴリーなのでちょっと魅力?
 で、ここ数日間、いくつかの販売店を回ってみることに。両メーカーの販売店はどこも同一店のため、両モデルの比較も兼ねて。
 その結果、中には「どちらもいいですよ〜」と言うところもあったものの、信用できそうなショップほどRV125JPを勧めることに気づく。作り込みやトラブルは同程度ながら、性能では圧倒的にRV125JP、というのが同一見解なんですね。
 なるほど。。。ちなみに、原付スクータータイプならKYMCOのV-Link125SRCが超お勧めらしい。あるショップで試乗させてもらったところ、確かにバカッ速っ! こいつは最強通勤モデルじゃないですかね。メットインも、原付タイプにしてはかなりの容量がある。
 でも、こちらは“通勤らしい”通勤に使うわけではないので、やはり乗り心地に余裕のある大型スクータータイプに惹かれるわけで。「遅くてどうしようもないよ〜」と言われるGRAND DINK 125Zは、ポジションが高めで自分には合わない感じ。また、フラットステップの形状が今ひとつで、意外にモノが置けなさそう。灯油缶を安定して積むのも難しい?
 いっぽうのRV125JPはポジションに違和感もなく、スッと座ってしっくりくる印象。特に強烈なアピールはないけれど、ここがちょっとなぁ…と思われる箇所もなさそう。

 なわけで、RV125JPに決定。
 また、ちょうど(年に1〜2回)限定300台で販売されるパールホワイトの発売時期で、表向きは予約だけで完売…のはずが、アライモータースワールドスクーターズ店では購入可能だという。じゃーそれにしてみよか(^^;; 何軒か販売店を回った中で、ここがいちばん信頼を置けそうだったこともあり。
 と言うのも、これら台湾メーカーの販売店って、その多くが半・自転車屋だったり、中古店なんですよね。いろいろ尋ねてみても、今ひとつ納得できない返答をするショップが大半で…。国産とは違うので、やはりメンテナンスがしっかりしていて、そのバイクのクセや特徴を理解できているショップでないと不安ですからねぇ。
 また、たまたま店にあったワイズギアリアボックスE45(45L/黒)を、無料でくれるというのも好条件(^^;; 使用1日の品だそうで、ほとんど新品だもの。買えば2万円以上しますからねぇ。

 限定パールホワイトの入荷は、予定より遅れて28日だとのこと。当初は20日頃の予定だったものが、船が着かないらしい(苦笑)。ま、こちらは契約が26日なので、年明け納車になることに変わりはないと。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*