Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

コンフェデレーションズ杯 日本2-2ブラジル

2005年6月23日 - Posted by reibo - Inside [Sports] Soccer   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
23 6月.

 引き分けで、勝ち点ではブラジルと並ぶも得失点差で準決勝進出ならず。1-0のギリシャ戦でもう2点取れていれば…は、さておき。

 1点リードしてからのブラジルは、初戦のメキシコ同様に流している感じでしたが、日本代表としては予想以上の善戦だったのでは。ただし、この3試合を通じて、“世界に通用する選手”と“アジアでしか通用しない選手”の差が明確に現れたのでは。
 で、肝心なのは、それが選手起用に生かされていると思えないこと。動きの鈍かった小笠原が前半で交代したのは当然としても、中田浩二がそれ以上の働きをするとは思えない。三都主に代わる左サイドを育ててこなかったことが、ここにきて大きな弱点になるのでは。どちらも甘いプレーからチャンスを潰し、決定的なピンチを招く機会が多すぎる。
 また、柳沢から鈴木への交代には何の意味があるんでしょうね。いい加減、代表から外してくれないですかね、あの11番。大黒と柳沢のコンビは、お互いに相乗作用でいいプレースタイルを取れていますからね。大黒は相手が誰でも、どんな状況でも自分のスタイルを崩さないけれど、柳沢の動きは、大黒がいるときのほうが明らかに鋭い。コンビが柳沢であれば、ロスタイムでの大黒のシュートは決まっていたかも。。。鈴木が入ってからは、明らかにDFのマークが大黒に集中していたので。

 アジア予選のときからずっと思い続けている不安材料が、そのまま形になって現れたとも。何度も言いますが、鹿島&ブラジル贔屓はやめてくれー。
 加地のゴールが取り消されていなかったら…と、かなり息巻いていましたが、決まっていれば3-2、にはならないでしょ。3〜4点勝負の試合展開になったら、負けてますよ。
 しかし、その加地の成長、と言うより変身ぶりには驚き。どうしちゃったの!? これで右サイドは安泰、だとすれば、余計に左サイドがねぇ。三浦淳、相馬…うーん。
 五輪代表も同様でしたが、日本ってこんなにレフティー不足だったっけ? 加地だって我慢し続けてここまで成長させたのだし、あと1年、人材育成(大胆なコンバート?)が急務だと思いますが、動かないんでしょうねぇ。。。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*