Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

JR福知山線脱線事故 その2

2005年4月27日 - Posted by reibo - Inside [Traffic] Railway   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 4月.

 報道では当初、盛んに「ATSか動作しなかったのか」などと意味不明な論議がされていましたが、福知山線の、と言うより、新幹線を除くJR西日本管内の大半はATS-SWですからね。基本的には衝突防止用システムでしかなく、赤信号無視、同閉塞区間内への複数列車進入時に作用するもので、速度超過には無関係。
 先日の土佐くろしお鉄道での事故の際も、あれだけATSに関する報道がされたのだから、少しは覚えろよ(苦笑)。ATS-Sの各システムまで把握しろとは言いませんが、“何のための、何に作用する”安全システムなのかぐらいは、もっと理解が広まってもいいのでは。

 逆に言えば、メディアも含めて、自分たちが毎日乗っている公共交通機関、鉄道への意識が低すぎるという気がしてならないとも。例えばこれが飛行機や、クルマであれば、各人がもう少し危機管理、危機意識を持っているはず。ところが、こと鉄道となると、ただ漫然と乗るだけで、絶対安全な“神話”のようなものを漠然と信じ込んでいる。これって、おかしくないですか?
 個々の危機管理能力を上げろとか、大げさなことは言いませんが、もう少し、自分の周囲のこと、日常利用するモノへの意識を高めることって必要なんじゃないのかなぁ。今回の報道を見ていて、あまりのレベルの低さに辟易した部分もあったので…。
 事故原因の追求や、亡くなられた方や負傷された方への配慮はもちろん必要ですが、それ以前に、今回の事故から考えさせられることは多いはずなのに。

 まぁ、快速の塚口通過を「暴走して止まらなかった」と説明するキャスターなどは論外ですが(苦笑)。
 局にも時刻表はあるのだから、それぐらい報道前に調べろよ。
 また、通常のワイドショーを報道特番スタイルに変更した番組では、タレントキャスターの低レベルさも露見することに。
 JR西日本を「じぇいあーるにしにっぽん」と連呼するテレビ朝日『ワイド!スクランブル』の大和田獏に、番組内でステンレス製・軽量化車両を問題にしていながら「鉄の車体がこんなにぐちゃぐちゃ、鉄骨が折れ曲がって」と言い続けるTBS『みのもんたの朝ズバッ!』のみのもんた。恥ずかしいから、誰かスタッフが指摘しなさいよ。
 その中では、テレビ朝日『スーパーモーニング』の渡辺宜嗣アナ、TBSの特番キャスターを担当した『NEWS23』プロデューサー・斉藤道雄氏などは、観点も論点もしっかりした形で番組を進行させていき、見ていて納得できる部分が多かったです。あとは、ダメぽ。

(その3へ続く)

  Check  拍手する

2 Responses to “JR福知山線脱線事故 その2”

  1. 匿名 より:

    私も報道をワイドショー的に扱うのはきらいですから、記事全体には納得します。

    >日常利用するモノへの意識を高めることって
    >必要なんじゃないのかなぁ。

    とまで書かれているので一言。

    「ステンレス」とは「ステンレス鋼」のことで、クロム等を多量に添加した鋼材の一種です。比重も強度も鋼と同等。

    一般には「鉄」と言うと「鋼」のことを差すでしょうから、みのもんたが「鉄骨」とか「鉄」というのも、そこまで間違いとは言えないかと。

  2. reibo (管理人) より:

    確かにそうですね。少し感情的に書きすぎていたかもしれません(^^;; ただ、発言している本人はそんなこと意識してないでしょうが…。

コメントを投稿する

CAPTCHA


*