Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

花粉飛散(悲惨)情報

2005年3月27日 - Posted by reibo - Inside [Diary] 花粉症   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
27 3月.

 スギ花粉の飛散量の地域別データや、天気予報的に詳細な飛散予報を表示してくれる、便利サイトが数多くあるんですね。
 もっとも、だからと言って何ができるわけでもなく、結局はそれを眺めながら愕然・呆然とするしかないのですが(T_T)

 地域別に飛散量を表示してくれるのは、キッセイ薬品工業スギ花粉飛散情報。それによると、自分が生活する東京都多摩エリアは、全国でも有数のスギ花粉飛散地域らしい(号泣)。飛散量が他地域の10倍、100倍、1000倍…。グラフ表示も桁が違い、勘弁してくれぇー。年毎の飛散量比較グラフを見ると、今年は昨年の1000倍、2000倍…(T_T)
 しかし、こんなものを見てしまうと、花粉症がひどくて外に出たくないからと引きこもるのは、間違っている気もする。東京から脱出したほうが、楽なんじゃないの? 大阪と比較しても3~4倍、ヘタをすると10倍の飛散量なんだもの。

 1時間単位でエリア別に飛散情報を予測してくれるのは、ヘップチンの花粉情報。これはNTT ジーピー・エコウェザーサービスが提供するコンテンツで、花粉症、花粉にまつわる様々な情報が整理されていてわかりやすい。
 メインコンテンツの花粉飛散状況は、ヤクルトヤクルト花粉情報を利用したもの。花粉が風に乗り、時間とともに移動する状況がよくわかる。
 花粉飛散量は日没時が最大と聞いたことがあるけれど、なるほど。花粉が発生源の山間部=スギ林から風に乗って運ばれてくる、時間差でそうなるんですね。
 って、それがわかっても、どうにもならん(T_T)

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*