Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

続・PSP

2005年3月17日 - Posted by reibo - Inside [Diary] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
17 3月.

 とりあえあず、PSPで『みんなのゴルフ』と『どこでもいっしょ』にハマり中(笑)。
 『みんなのゴルフ』のほうは、初代プレステ版以来のプレイなので久々だけれど、やっぱよくできてるわ、これ。特に、キャラの育成機能がついたのは大きいかも。レベルが上がるとお気に入りキャラでは勝てなくなるという、ジレンマからも脱却できるので。この要素を詰めていけば、さらに萌えるソフトになれるかも。いや、そりゃ異バージョンですね(苦笑)。
 PSP本体とのセット購入率が異様に高いソフトだけに、定番中の定番ソフトとして今後も君臨していくんでしょうね。
 「どこいつ」こと『どこでもいっしょ』のほうは、実は初プレイ。うーん、これはハマるけれど、しばらくすると進展のなさに飽きてくるかも。もう少しプレイの選択幅が欲しい。PSPの無線LAN機能は、このソフトにこそ必要なのかも。他の「お友達」とのコミュニケーションが成立することで、本来の面白さが生かされるような。でも、周囲では誰も持ってねーよー(T_T)
 今後は、『三國志』(4月1日発売)が待ち遠しいです。期待していた『彼岸島』(4月28日発売)のほうは、グラフィック等をちょろっと見た感じでは、原作好きには納得できないモノになりそうで残念かなぁ。

 何にせよ、PSPの可能性は気になります。
 SONYお得意の、呪縛でもある独占「囲い込み」市場として、メモリースティックをどう生かしていくのかも。UMDの進む道も、メモリースティックの呪縛・足かせ次第では先が見えなくなるのだけれど。
 3月24日からは、北米市場でも販売開始。国内では4月1日からUMDでのオリジナル映像コンテンツ製作(販売)申請が認可されるため、4月末〜5月には、製品化されたものも発売されるかと。オリジナルコンテンツだけでなく、例えば紙媒体の付録など、様々な形態が登場しそうです。

*関連記事

 どこでもいっしょ みんなのGOLF ポータブル 三國志V 彼岸島
どこでもいっしょみんなのGOLF ポータブル三國志V彼岸島

 彼岸島 9 (9)  原作『彼岸島 9』(松本光司)

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*