Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

サイボクメンバーズカードと、まきばの湯

2010年9月14日 - Posted by reibo - Inside [Travel] 温泉   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
14 9月.

 久しぶりにまきばの湯へ。
 実はちょっと前、まきばの湯の運営管理元であるサイボクハムから、1枚のハガキが届いていました。
 内容を要約すると…

 まきばの湯やサイボクハムでポイントが貯まる《サイボクメンバーズカード》の有効期限(最終利用から1年間)が8月末でした。
 9月末までに利用してくれれば、有効期限が再び延長されます。
 まきばの湯にこのハガキを持ってくれば、タオルセット(通常200円)が無料になるよ~。

 てな感じ。
 ポイントの有効期限切れをハガキでお知らせしてくれるとは、なんと親切なのだろう(^^;; 
 まんまとハガキに誘われ、行ってきた次第。受付でハガキを出すと、ちゃんとタオルセットを用意してくれました。

 サイボクハム・ハガキ

 これまでの訪問はクルマかバイクだったので、今回は初めて、鉄道+バスで行ってみることに。
 アクセス案内によると、西武新宿線:狭山市駅から西武バスで17分。バスが1時間に1本程度しかないのは難点ですが、西武新宿線沿線のウチから行くのは、楽。電車をバスの時間に合わせれば、1時間ほどで行くことができる。
 クルマの場合、途中の所沢周辺が慢性渋滞のため1時間では無理。帰りも入間川を渡る橋の渋滞があり、1時間半はかかってしまう。電車+バスの交通費とガソリン代の比較は、かなり大食いなクルマということもあって…ほぼ同額か。
 バイクなら1時間かからず、ガソリン代も交通費の半額程度で済むのだけれど、ちょっと遠いんだよなぁ。温泉でキレイになった後、ヘルメットをかぶって髪がぐちゃべと状態になってしまうのも、何だか意味ナシな気がする。。。

 そんなこんなで、初の電車+バスに。
 狭山市駅からの西武バスは、【サイボクまきばの湯】行なので迷うことはない。始発から終点まで乗り通すだけ。
 15:56発のバスに乗り込んでみると、乗客は5~6人。市街地で1人ずつ乗降があっただけで、ひょっとして全員がまきばの湯へ!? と思いきや、終点が近づくにつれ停留所毎に下車客があり、最後には自分ひとりになってしまった。ただ、折り返しのバス(16:20発)には3~4人の乗客が乗り込んだ様子。他に東武線へのバスを待つ乗客もいて、バス利用の温泉客もそこそこいるらしい。
 帰りのバス(18:38発)にまきばの湯から乗ったのは、やはり自分だけ。途中で数人が乗ってきたもののガラガラ。時間帯的に、バスも電車も混雑とは逆方向なので楽ちんですね。でも、往復で1,000円かかる交通費を考えると、ちょくちょく通うわけにもいかないかなぁ。

 狭山市駅 バス乗り場
 【↑ 狭山市駅と、駅前ロータリーのバス乗り場】

 肝心のまきばの湯自体は、この日もガラ空き。17:30頃から多少は人が増えてきたものの、相変わらずのんびりと過ごせます。
 2つある浴場(風月の湯、花鳥の湯)は週替わりで男女が入れ替わるのだけれど、男性用は今回も風月の湯。なぜか、自分が訪れた際はいつも風月の湯なんですよね。たまたま偶然なのだけれど、いつも行ってから気づく(苦笑)。次回は忘れずに、花鳥の湯の日にしよう。
 帰りには温泉内の売店で、いつものポークウィンナー252gを購入。何種類もあるウィンナーの中でもっともベーシックな製品ですが、買うならやっぱ定番のコレ。茹でて食べると、そのまんまでもめちゃくちゃおいしいです。もう他のウィンナーは食べられない!

 
  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*