Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

アテネ五輪:テニス女子ダブルス3位決定戦

2004年8月22日 - Posted by reibo - Inside [Sports] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
22 8月.

 テニスでは84年ぶりの(女子初の)メダル獲得を目指した杉山愛/浅越しのぶ組が、アルゼンチンのパオラ・スアレス/パトリシア・タラビーニ組に3―6、3―6で敗退。
 WTAダブルスランキング(2004.08.16現在)では、スアレスが1位、タラビーニは50位。いっぽう、杉山は10位で、浅越は37位。その比較からも、あそこまで一方的な試合展開になるとは思っていなかったのだけれど。。。結局、タラビーニにいいように動かれ、ミスを誘えなかったのが痛かったですねぇ。
 堅実派な杉山と、決めるときはすごいけれどチャンスでのイージーミスも多い浅越…プレイスタイルがまったく違う2人だけに、浅越の出来次第で、杉山の良さが消えてしまう悪いケースになってしまったと。いいところなく敗れた準決勝のスペイン(コンチタ・マルティネス、ビルヒニア・ルアノパスクアル組)戦といい、このコンビのリスキーな部分を徹底的につかれた感じ。ハマれば爆発的な力を発揮するものの、持ち味を出せずに終わる可能性とも表裏一体な、ハイリスクハイリターン(苦笑)なコンビでしたからねー。4位は十分に頑張った成績だけれども、このコンビにはもう一つ上を行って欲しかったなぁ。
 杉山も今回で五輪はラスト。杉山が頑張っているうちに…な意味でも、今回は(ラスト?)チャンスだと思っていたのだけれど。これで当分、メダルのチャンスはなさそうな。。。(残念)

 ちなみに「84年ぶり」っていつだよ(苦笑)。と思って調べたら(そんなのばっか)、1920年(大正7年)の第7回アントワープ大会で、熊谷一弥がシングルス銀、熊谷/柏尾誠一郎ペアがダブルス銀、だったそうな。なんつー古い話だ。。。もっとも、1924年のパリ大会を最後にテニス自体がオリンピック種目から外され、正式に種目として復活したのは1988年のソウル大会から。60年間以上も空白期があるのだから、そりゃ「84年ぶり」にもなりますねぇ。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*