Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

サッカー:アテネ五輪男子(パラグアイ4-3日本代表)

2004年8月13日 - Posted by reibo - Inside [Sports] Soccer   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
13 8月.

 眠いなぁと思いながら見ていたせいか、選手も寝てるのかと思いますた(苦笑)。予選時のあの“熱さ”はどこへ消えてしまったんだか。小野が加わったことで安心してしまったのか、チーム全体に“緩(ユル)く緩(ヌル)い”空気が蔓延してましたねぇ。そんな、余裕かますレベルじゃないだろーに。余裕がないから、がむしゃらに、ひたむきに頑張る姿が熱いチームだったのに。
 失点はいずれもDF陣のミスから。闘莉王も阿部も、プレーが甘すぎ。日本やアジアではあれで通用しても、南米相手には通じないって。那須のミスは目立つだけに責められるけれど、ボランチがほとんど機能しなかったと言うか、今野がディフェンス一辺倒に振り回された前半は、DF陣全員に猛省でしょう。
 前半よりは良くなった後半も課題ありあり。松井はやはり、サイドに回ると積極性がなくなってしまう悪癖が直っていない。右の徳永とともに、もっとドリブルで積極的に上がらなければ。小野より前のポジションなら動けるけれど、並列になると遠慮してしまうのかも。動きの鈍い平山の投入も疑問。高松の動きは悪くなかったし、終盤、平山が高松だったら…と思わせるシーンが何度か。田中が入ってから前の動きが良くなっただけに、FW陣の編成も相変わらずこのチームの難題ですねぇ。終盤は高松を下げずに平山を投入、FW4人で田中を少し下げつつ、3-4-3、あるいは変則3-3-4で超攻撃体制に移行しても良かったのでは。もともと崩れていたのだから、それぐらいの荒療治をして欲しかった。W杯の韓国VSイタリア戦で見せた、あの韓国の熱さのように。
 かなーり残念な試合。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*