Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

徳島への足

2010年1月07日 - Posted by reibo - Inside [Travel] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
07 1月.

 以前にも調べたことがある《徳島への足》(参照:ETC割引/2006.05.12の日記)を、再度調べてみたので自分用に覚え書き。
 青春18きっぷも使えない、5月に徳島へ行くことになりそうなので。。。

  • 休日特別割引(上限1,000円)を使い、クルマで鳴門ICまで高速を自走する場合(東名は嫌なので中央道経由)。
    • 高速代/4,400円。 東京、大阪の大都市近郊区間を通るのと、神戸淡路鳴門自動車道が別料金1,000円なので、意外にかかる。それでも、以前の13,489円に比べれば相当安いけれど…。
    • 距離は高速区間のみで約656km。リッター12km走ってくれたとして、リッター135円計算でガソリン代は約7,300円。不経済なクルマだ(苦笑)。
    • 合計/11,700円。所要時間/約8時間。
  • 同じく和歌山ICまで高速を自走し、和歌山港から南海フェリーを利用する場合。
    • 高速代/3,400円。
    • 距離は高速区間のみで約600km。ガソリン代は6,750円。
    • フェリー航走料金/9,300円(旅客運賃を含む)。
    • 合計/19,450円。
  • バイクでオーシャン東九フェリーを利用する場合。
    • 2等寝台運賃/11,790円。航走料金/5,640円。合計/17,430円。
    • ちなみに、クルマだと2等旅客運賃込み航走料金が36,180円。フェリー離れが進むわけだ…。
  • 新幹線+JRを利用する場合。
    • 指定席利用で18,140円、自由席で16,930円。 所要時間は6時間ちょい。
    • 運賃のみ。つまり青春18きっぷ並みに普通列車乗り継ぎで行くと、11,270円。
    • 新大阪までぷらっとこだまを利用し、JR(普通列車)で徳島へ。
      • ぷらっとこだま/10,000円+JR/5,700円=15,700円。
  • 関西までJR(新幹線)を利用し、高速バスに乗り継ぐ場合。
    • 舞子から高速バスを利用。
      • 新幹線で新大阪、JRで舞子だと、指定席で14,770円。自由席で13,760円。
      • 高速舞子から徳島駅前までの高速バス運賃が、2,900円。
      • 合計/(指定席)17,660円。(自由席)16,660円。
      • 新大阪までぷらっとこだまを利用する。
        • ぷらっとこだま/10,000円+JR(新大阪-舞子)/890円+高速バス/2,900円=13,790円。
    • 三ノ宮から高速バスを利用。
      • 新大阪でJRに乗り換え、三ノ宮までが、指定席で14,770円、自由席で13,760円。
      • 三ノ宮から徳島駅前までの高速バス運賃が、3,200円。

      • 合計/(指定席)17,970円。(自由席)16,960円。
      • 新神戸まで新幹線を利用、地下鉄で三ノ宮へ出ると、指定席で15,070円。自由席で13,960円。
      • 合計/(指定席)18,270円。(自由席)17,160円。
      • 新大阪までぷらっとこだまを利用する。
        • ぷらっとこだま/10,000円+JR(新大阪-三ノ宮)/540円+高速バス/3,200円=13,740円。
    • 梅田から高速バスを利用。
      • 大阪まで新幹線+JRが、指定席で14,250円。自由席で13,240円。
      • 梅田から徳島駅前までの高速バス運賃が、3,600円。
      • 合計/(指定席)17,850円。(自由席)16,840円。
      • 新大阪までぷらっとこだまを利用する。
        • ぷらっとこだま/10,000円+JR(新大阪-大阪)/160円+高速バス/3,600円=13,760円。
  • JR(新幹線)+南海で和歌山港へ向かい、南海フェリーを利用する場合。
    • 新今宮で南海に乗り換え。新幹線指定席で15,140円。自由席で14,130円。
    • フェリー運賃が2,000円。
    • 合計/約17,000円。
    • 新大阪までぷらっとこだまを利用する。
      • ぷらっとこだま/10,000円+JR(新大阪-新今宮)/210円+南海/890円+フェリー/2,000円=13,100円。
  • 飛行機(徳島便/JAL)を利用する場合。
    • 先割り系の運賃で15,000~17,000円。 特割7で19,000~21000円。徳島便に特割1はない。
  • 飛行機(大阪便)と高速バスを乗り継ぐ場合。
    • 航空運賃が先割り系で10,000~11,000円。特割1で11,000~14,000円。
    • 関空から徳島への高速バスが4,000円。梅田からなら3,600円。
    • 合計/14,000~16,000円程度。所要時間/4時間程度。
  • 関西空港から南海電車で和歌山港へ向かい、南海フェリーを利用する場合。
    • 航空運賃が先割り系で10,000~11,000円。特割1で11,000~14,000円。
    • 南海電車が890円。徳島港までのフェリー運賃が2,000円。
    • 合計/13,000円~15,000円程度。高速バス利用より1,000円ぐらいは安い。
  • バイクで陸路、一般道を延々と走り、和歌山港から南海フェリーを利用する場合…(^^;;
    • 詳細なルート検索などできないので、単純に国道1号を大阪まで行くと、562km。 大阪から和歌山までが83km。合計で645km。リッター23km、リッター125円の計算で、ガソリン代が3,500円。
    • フェリー航走料金が1,200円。 旅客運賃が2,000円。
    • 合計/6,700円。

 最後のバイク自走が最安値なのは当たり前。でも、これは辛いだろう。。。
 所要の日程にもよるが、とんぼ返りではなく、自分なりの旅も加えたい。となれば現地での足も考えなければならず、やはりクルマでの自走がいいのか…。青森まで自走の経験は何度かあるものの、西方面への自走は関西が最遠。東名を避けても、名神や慢性渋滞の中国道(宝塚付近)など、走りたくないルートも多い。その疲労度は、東北道を北上するよりも遥かに高いと思われ。。。
 また、日程が5月=誕生月なので、四国内の旅にはJR四国が発行するフリーキップ:バースデイきっぷを利用するというテもある。3日間有効で10,000円。JR四国全線に加え、特急の指定席やグリーンにも乗り放題という、なかなかオトクなフリーキップ。グリーン車が連結される特急は予讃線&土讃線だけなので、意外に使い途がない…かもしれないのは、さておき。こんな機会でもなければ、一生使う機会に恵まれなさそうだし(苦笑)。
 その場合は、往復、あるいはそのいずれかに、オーシャン東九フェリーの利用も考えられる。上記の比較では埋もれてしまっているが、実は“自走ではない乗り物で行く”場合に最安なのが、この方法なので。(絶対ダメな夜行バスは除く)
 もちろん考えるのは、往復の交通費だけではない。自走の場合は宿泊=キャンプが可能でも、現地での足がなければホテル等の宿泊費も必要。このへんも考えて、さて、どうなりますか。。。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*