Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

デンマーク、敗退@EURO2004

2004年6月28日 - Posted by reibo - Inside [Sports] Soccer   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
28 6月.

 うーむ。。。
 クォーターファイナル唯一の、EURO優勝経験国同士の対決は、チェコが予想外の大差3-0で勝利。デンマークは後半、一瞬のスキをつかれて数分間で2点を失い、試合の大勢を決められてしまった…。ポルトガル×イングランド戦とともに楽しみにしていたカードだったのに。。。
 やはり、この結果を生んだのはグループリーグの戦い方でしょうねぇ。2戦目で勝ち抜けを決め、主力温存で3戦目に楽をしたチェコ(それに負けたドイツも情けない)に対し、3戦目のスウェーデン戦であれだけのハードゲームを戦ったデンマーク。この差は予想以上に大きかった。特に、2トップの一角サンと、左サイドバックのニクラス・イェンセンの故障欠場は痛かったですねぇ。サイドとセンターをスピード感あふれる多彩な攻撃パターンで崩していくファンタスティックなサッカーが、魅力半減してしまっていたもの。前線でトマソンが孤立するシーンも目立ち、また後半は疲労からか全体に運動量も落ち…。それでも、前半は持ち前の組織力でいい攻めをしていたんだけどなぁ。結局、それがDF陣に負担を生み、連続失点に結びついてしまった感じ。ベストメンバーで戦わせてあげたかった…残念。

 デンマークには、2002W杯でその素晴らしいチームに感動して以来、ずっと注目してきたんだけれど。ただ、W杯で敗れたイングランド戦(@新潟)のように、相手のペースになった試合でムードを変える、ジョーカー的存在の選手が1枚足りないのも確か。層の薄さは否めないかなぁ。まぁ、あの新潟の試合は雰囲気がひどすぎましたけどね。にわかイングランド・ファン(どいつもこいつもベッカムorオーウェンorイングランドのユニフォーム姿)が大挙して押し寄せ、スタンドはイングランド一色。後にイギリスの新聞で「なぜだかわからないが日本人はイングランドを応援してくれ、ホームゲームのようだった」と不思議がられるほどの(苦笑)。各国メディアの間ではデンマークの監督・選手の紳士ぶりがひじょーに好評だったのに、日本ではそんなことはまったく話題にならず、報道もイングランド一色。まるでデンマークが悪い敵役かのように扱われていたし…。

 でも、チェコは強かったですねー。デンマークを研究し尽くして、用意周到な戦いを仕掛けてきた感じ。さすが、知将・ブリュックネル監督。やはり、優勝候補の筆頭だけのことはある。典型的な東欧サッカーだけれど、それが見事に組織され、チームとしての完成度が高い。
 このチームと当たるのは不幸ですわ(苦笑)。デンマークはフランスとでも当たってくれていれば…(^^;; フランスの無様で情けない試合ぶりは見事でしたからね(苦笑)。あんな戦い方をするならグループリーグで敗退して欲しかったぐらい。そのあおりを食ったのはイングランド…って、デンマークの戦いとともに、やっぱ、グループリーグが決勝トーナメントにつながっているんだなぁと実感。結局、セミファイナルに残ったのはグループA、Dの2チームだし。

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*