Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

チーム青森が女子カーリング日本代表に決定

2009年11月07日 - Posted by reibo - Inside [Sports] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
07 11月.

 バンクーバー五輪のカーリング日本代表に、チーム青森が決定。
 順当な結果とは言え、まるで天敵のような存在となり、それでも勝てないチーム長野が、ちょっと可哀想になってくる…。経験や試合巧者ぶりではチーム青森が勝っているにもかかわらず、両チームの対戦は僅差の接戦になることが多い。実力的には必ずしも“格下”とは言えないはずなのだけれど。
 秘かに期待していた常呂高校は、よく頑張りました。個人的には、北海道の、常呂のチームとして今後も存続して欲しいし、そうなれば1~2年後にはチーム青森の強敵となること間違いなし? なのだけれど。メンバーは全員高3なので、今後はチームがどうなるのか…。全員が札幌の大学に進学し、チーム存続という噂もあるらしい? いずれにしても《常呂高校》チームとしてはラストシーズンなだけに、今大会をテレビ中継で見たかった。。。(そのためだけに青森までは行けないよ…)
 録画予約をミスった関係で、チーム青森VSチーム長野の決定戦は見始めてすぐに試合が終わってしまい、全容がよくわからず。本橋マリリン麻里がセカンドだったのは、あのパワーを考えると好適ポジションなのかなぁという気もする。決して安定感が高いタイプではないので、調子によってオーダーを変えることになるのだろうけれど。本橋マリリンの例に限らず、石崎琴美や近江谷杏菜の加入で層が厚くなり、どこからでも、どうにでも構成して勝ちに行ける体制はできてきたはず。次世代エース格と期待された近江谷は、強いチームでさらに急成長している様子(山浦のリザーブはもったいないけれど…)。
 でも、逆に言えば、この期に及んでチームが固定できていないとも言えそうな。。スキップだけは目黒萌絵で固定されるとして、実は目黒の出来次第で結果が大きく変わってしまうチームだとも。強さとモロさが諸刃の剣というイメージは、相変わらずかもしれない。。。

 しかし、なんで公式結果に各チームのポジションを記載してくれないんだ。

*【全農バンクーバーオリンピック・カーリング日本代表決定戦】 (11月5日~7日@青森市スポーツ会館)

  • 第1ラウンド(チャレンジマッチ)
    • 第25回日本カーリング選手権2位:チーム長野と、第26回日本カーリング選手権2位:常呂高校が対戦し、先に2勝したチームが代表決定戦に進出、チーム青森と対戦する。
      • 第1試合(5日)
        • チーム長野=0100300201=7  (谷本-園部智子-園部淳子-土屋)
        • 常呂高校  =0011011010=5  (氏原-小野寺-井田-吉村)
        • 延長(EE=エキストラエンド)/第11エンド
      • 第2試合(6日)
        • チーム長野=2011000200=6  (谷本-園部智子-園部淳子-土屋)
        • 常呂高校  =0200111022=9  (石垣-氏原-井田-吉村)
      • 第3試合(6日)
        • 常呂高校  =00201020210=8  (石垣-氏原-井田-吉村)
        • チーム長野=11030201002=10  (谷本-園部智子-園部淳子-土屋)
  • 第2ラウンド(日本代表決定戦)
    • チーム青森とチャレンジマッチ勝者(=チーム長野)が対戦し、先に4勝したチームが優勝=代表に決定。2008年世界カーリング選手権第4位、直近の日本選手権2年連続優勝のチーム青森には第2ラウンドへのシード権と、2勝のアドバンテージが与えられる。チーム青森は2勝すれば優勝、チャレンジマッチ勝者(チーム長野)は4勝すれば優勝となる。
      • 第1試合(7日)
        • チーム青森=01010012101=7  (石崎-本橋-近江谷-目黒)
        • チーム長野=10101200010=6  (谷本-園部智子-園部淳子-土屋)
        • 延長(EE=エキストラエンド)/第11エンド
      • 第2試合(7日)
        • チーム長野=00010200××=3  (谷本-園部智子-園部淳子-土屋)
        • チーム青森=13202022××=12  (石崎-本橋-近江谷-目黒)
        • 第8エンドでギブアップ
チーム青森
  • 目黒萌絵 (めぐろもえ)/1984年11月20日生、北海道空知郡南富良野町出身。北海道富良野高校→弘前大学→みちのく銀行
  • 本橋麻里 (もとはしまり)/1986年6月10日生、北海道北見市(旧常呂郡常呂町)出身。常呂高校(河西建設)→青森明の星短期大学→八甲田ホテル→NTTラーニングシステムズ
  • 山浦麻葉 (やまうらまよ)/1984年4月29日生、長野県御代田町出身。長野高専→群馬大学→東奥日報社 *2006年5月加入
  • 石崎琴美 (いしざきことみ)/1979年1月4日生、北海道旭川市出身。帯広南商業→東光舗道→河西建設→木浪学園
  • 近江谷杏菜 (おおみやあんな)/1989年10月12日生、北海道北見市(旧常呂町)出身。北海道網走南ヶ丘高校→青森市役所 *2008年1月加入
チーム長野
  • 1994年 軽井沢中学校のカーリング部において土屋由加子と園部淳子でチーム「PICTIC」を結成。
  • 1997年 園部智子が「PICTIC」に加入、以降4年間日本ジュニア選手権に出場、4年連続で2位。日本選手権大会:3位。
  • 2002年 日本選手権大会:2位。
  • 2003年 日本選手権大会:4位。「チーム土屋」に改名。
  • 2004年 日本選手権大会初優勝。「チーム長野」に改名。
  • 2005年 トリノオリンピック代表選考会に出場。パシフィック選手権大会に初出場:初優勝、世界選手権出場、日本選手権大会:2位。
  • 2006年 冬季アジア大会:銀メダル、日本選手権大会:2位。
  • 2007年 日本選手権大会:2位、軽井沢国際カーリング選手権大会:優勝。
  • スキップ:土屋由加子(つちやゆかこ)/1980年5月6日生、長野県軽井沢町在住。所属:ヤオトク
  • サード:園部淳子(そのべじゅんこ)/1980年12月21日生、長野県軽井沢町在住。所属:総合型地域スポーツクラブ NPO法人あさまハイランドスポーツクラブ
  • セカンド:園部智子(そのべともこ)/1982年8月25日生、長野県軽井沢町在住。所属:南海通商
  • リード:谷本文子(たにもとあやこ)/1968年9月28日生、東京都在住。所属:東京都カーリング協会 *2009年加入
常呂高校
  • 2008年 第25回日本カーリング選手権:3位、第17回日本ジュニアカーリング選手権:準優勝。
  • 2009年 第4回全国高等学校カーリング選手権大会:優勝、第26回日本カーリング選手権:準優勝。
  • 吉村紗也香(よしむらさやか)/1992年1月30日生。常呂高校3年
  • 氏原梨沙(うじはらりさ)/1992年3月15日生。常呂高校3年
  • 井田莉菜(いだりな)/1991年11月27日生。常呂高校3年
  • 石垣真央(いしがきまお)/1991年11月26日生。常呂高校3年
  • 小野寺佳歩(おのでらかほ)/1991年11月11日生。常呂高校3年
  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*