Welcome to airkyon.com , enjoy your stay!

BDレコーダー:DMR-BW700不調

2009年10月31日 - Posted by reibo - Inside [Audio&Visual] Misc   このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加
31 10月.

 (注) 一部に勘違い、誤りがあったので、修正して公開し直しました。

 BDレコーダー、Panasonic:DMR-BW700が不調に。
 と言っても症状が出始めたのは今年1月頃からで、その詳細→後日談は「2009.09.14の日記 BD用クリーニングディスク」にも書いた通り。そこからさらに症状が悪化し、生ディスクの7~8割が読み込めないという状況に…。
 これには考えられる要因もある。いつも20枚単位で購入しているディスクが、今回はソニー製でもカラーディスクだったこと。手持ちの白ディスクが底をつき、カラーディスク使用に切り替えた途端、エラーが頻発するようになったわけで。
 以前のTDK製ディスクを使用した際のトラブルと、状況は酷似している。
 ただ、今回はディスク側のメーカーには連絡せず。BW700が問題を抱えているのは確かなので、一度チェックする必要があると思われたため。Panasonicの修理受付に連絡し、出張サービスに来てもらうことに。面倒だし出張費もかかるので本当は持ち込みにしたかったのだけれど、無条件で一週間預かりになるとのことなので諦め。

 で、結果は。。。即、ドライブ交換(^^;;
 メンテナンスやピックアップ部(レンズ)清掃等をするのかと思いきや、症状を見て速攻で交換でした。ま、後々のことを考えればそれがサービスとしてベターな選択なのでしょう。「この前チェックしたのにまたおかしくなったじゃないか!」なんてクレームが殺到しても困るはずなので。これだけBDレコーダーが普及してきた今、ドライブは消耗品…と言うか、ピックアップ部(レンズ)の汚れは進行するものだと、理解できているユーザーが多いとも思えない?
 いわゆるサービスマンモードで調べてくれたところ、使用時間は録画再生合わせて360時間ほど。使用期間とエラーが頻発するほどピックアップ部(レンズ)が汚れている状況からすれば、意外に短いとのこと。通常、ドライブの消耗・ヘタりは約2,000時間が目安だそうなので、360時間しか使っていないのに2,000時間分の汚れが付着していたということか。。。使用環境に問題あり(苦笑)。
 汚れの大半は埃で、さらにタバコのヤニが天敵になるとのこと。わかっていたつもりでも、これほど喫煙の影響が大とは…。
 BDの場合はDVD以上に高速回転となるため、汚れによる読み込み精度の低下が激しいそう。同程度の使用時間でも、DVDよりエラー発生率が高くなる。つまり、ヘタりが早い。汚れによる影響度はCD<DVD<BDの順だという説明に、納得。。
 では、なぜピックアップ部(レンズ)の汚れがエラー発生につながるのか。エラーがディスクの工作精度に左右されやすくなるのか。

 各社のディスクには、例えBDとしての基準を満たしていても中心部の工作精度には差があり、ディスク中心部の表面に(目に見えない、0コンマ以下ミクロン単位の)凹凸ができる。そのためドライブ側の回転軸の下部分(つまりディスクが接する面)がうまく密着しないことがある。結果、ディスクの回転ムラが発生し、エラーにつながる。 より高速で回転するBDの場合、その影響度がかなりシビアだと。ただし、ピックアップ部(レンズ)に汚れがなく、正常な状態であれば、回転ムラがあってもエラーを補正し読み取ることができる。
 という説明は、これまでの経験から想像していた通り。実体験ほど素敵な教科書はない。
 いや、んなもん学ばずに済むならそれに越したことはない(^^;;
 ちなみにプリンタブルディスクの場合、ワイドプリンタブルであればあるほど、ドライブ側に高い読み取り精度を要求されるとのこと。 中心部の加工による弊害、工作精度の低下が出やすいらしい。使用すれば、もちろんエラー発生率が高くなる。

 また、初耳だったのがクリーニングディスクによる違い。
 汎用製品は湿式、乾式とも単なるホウキ掛なので、それほど汚れ落としの効果はないらしい。
 ピックアップ部は何か(ディスク等)に触れると下に下がり、異物から自体を保護する構造になっている(各社共通)。なので、クリーングディスクがピックアップ部(レンズ)にホウキ掛けしようとすると、ピックアップ部の位置が下がり、しっかり掃除することは理論上不可能。
 それがパナソニック純正品だと、クリーニングディスクが挿入されると本体に信号を送られ、それにより本体側でピックアップ部を下げないプログラムが起動する→クリーニング精度が高まるという仕組みなのだとか。
 なるほどね。。。純正品にはそんな仕掛けがあるのか(驚)。要注意なのは、あくまでディーガ専用のシステムなこと。他社製品に使うとピックアップ部を無理矢理クリーニングする形となり、故障の元だそうな。
 「ディーガを2台もお持ちなのだから、できれば純正品をお勧めします」とは言われたものの、売ってないんですよねぇ。。。店頭販売が少ないことはサービス側も把握されているようで、直接注文していただければ確実ですとのこと。そりゃそうだ(^^;;

  Check  拍手する

コメントを投稿する

CAPTCHA


*